2011年08月31日

【期間限定情報】【番外編】葉山にかき氷のお店「霧原」でいただくおいしい天然氷のかき氷 4

先日、神奈川県の葉山へ行く機会があったのでネットで見つけて気になっていた天然氷のかき氷がいただけるお店へ行ってみることにしました。

葉山にある天然氷のかき氷のお店「霧原」のかき氷

「霧原」というお店で、仮設で立てられたカウンターのみの店内となっています。
かき氷の専門店ということで営業は夏季限定(10月頃まで)となっているようです。
※お出かけの際には念のため電話でご確認ください。

お店の場所は三浦郡葉山町一色というところで、JR逗子駅、京浜急行新逗子駅から車で15分ほどの県道27号沿いにあります。
人気のパン屋さん「ブレドール」の隣にあるのでこのお店を目印に行くとわかりやすいかと思います。

葉山にある天然氷のかき氷のお店「霧原」の駐車場

店舗から5メートルほど離れたところに5台分の専用駐車場が用意されています。
(駐車場といってもだだっ広い空き地の一画です。)

葉山にある天然氷のかき氷のお店「霧原」のメニュー

こちらがメニュー。
フルーツシロップ、和シロップ、昔ながらのシロップの3つにジャンル分けされています。
写真のメニューは店頭に貼られた一部のもので、これ以外にもいろいろなメニューがあります。

注文はカウンターの突き当りに小さな窓口があり、そこで注文をし席に座って待っているとお店のお兄さんが持ってきてくれます。

今回はフルーツシロップと和シロップから1種類ずつ注文してみました。

葉山にある天然氷のかき氷のお店「霧原」のかき氷

まずはフルーツシロップから。
「とろとろ桃」です。
お値段は550円。

名前のとおりとろっとした桃の甘いフルーツシロップが絶品!
このボリュームで550円というのはお得です。

葉山にある天然氷のかき氷のお店「霧原」のかき氷

そして和シロップは「宇治抹茶あずきミルク」です。
こちらのお値段は800円。

積み上げられた緑の巨塔にテンションがあがります!
ほろ苦い抹茶に甘いあずきとミルクの組み合わせは文句なくおいしいです。

またなんと言ってもポイントは天然氷。
ここ「霧原」では創業明治27年の日光天然氷「蔵元 松月」というところの氷を使っているようです。
ふんわりやわらかな氷は口に入れてもキーンとした冷たさがまったくなく、ふわっと一瞬でやさしく溶けます。
ですので、一気に食べても天然氷のかき氷は頭が痛くならないんだそうです。

天然氷のかき氷ならではのこの食感、この夏一度味わってみてはいかがでしょうか?
わざわざ足を伸ばしてでも食べておきたいおすすめのかき氷です!

≪お店データ≫
◆霧原(KIRIHARA)(食べログのページ)
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色653
電話番号:090-6305-8980
営業時間:11:00〜18:00(氷切れで早仕舞あり)
定休日:なし
駐車場:あり
アクセス:JR逗子駅、京浜急行新逗子駅より車で15分ほど

霧原 かき氷 / 新逗子駅逗子駅東逗子駅

昼総合点★★★★ 4.0



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク


livedoor プロフィール

うえ

横浜市在住。
週末は横浜エリア、みなとみらいエリア周辺を散策してます。カメラはペンタックスK-7を愛用。

Twitterアイコン
@yokohama_ueでTwitterもやってます。follow歓迎!


横浜ブログのFacebookページ作りました!

なんとなくPhoto Blog
写真ブログもやってます。
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives