2006年12月22日

謝甜記(シャテンキ)@横浜中華街 4

横浜中華街でお粥といえば謝甜記(シャテンキ)です。

っということで弐号店へ行ってきました。
この謝甜記(シャテンキ)は壱号店、弐号店がありそれぞれ夫婦で経営してるそうです。
ちなみに弐号店は奥様が経営してます。

ここのお粥はただお米を煮ただけではなく、干し貝柱や乾燥カキ、鶏を米と一緒に4〜5時間かけてダシをとったお粥とのことです。

どおりでおいしいわけです。
普通のお粥ではなかなかこの味は出せませんからね。

おいしいだけあっていつも行列ができる人気店です。
今回はそれを見越して14時ぐらいに行きましたがそれでも2組ほど待ち状態となっておりました。

謝甜記(シャテンキ)看板

五目肉粥を注文。
並んでいるあいだにオーダーをとるためか席について数分で出てきました。

謝甜記(シャテンキ)のお粥
一見具が入ってないかのように見えますが、ちゃんと奥の方に入ってます。
通常サイズだとドーンっとどんぶりに入ってくるので結構な量ががあります。
少食の方にはハーフサイズがよいかと。
(ちなみに奥にあるのがハーフサイズ)

それにしてもこの時期はやっぱり温かい食事に限りますね。
芯まで温まりました。

是非みなさんもどうぞ。

横浜中華街のお店検索

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives