2010年07月
2010年07月30日

横浜鴨居にある子供連れでも行きやすい家系ラーメンお店「うえむらや」 3


先日、お昼にラーメンでも食べようとお店を探してると横浜都筑区にまだ行ったことのないラーメン店を発見したので行ってみることにしました。

横浜鴨居にある家系ラーメン店「うえむらや」の外観

お店の名前は「うえむらや」です。
横浜市都筑区の緑産業道路沿いにあります。
最寄り駅はJR横浜線の鴨居駅ですが、少し離れているので歩くと15分ほどかかるようです。

駅から離れてることもあってか専用駐車場が用意されています。
しかも20台ほど止められる広さなのも嬉しいところです。

駐車場に車を止め店内へ。
お昼を少し回ったぐらいでしたが、店内は満席。
お店の中に待機用のベンチがあるのでそこに座って待つことができます。

店内の座席はカウンター18席、6席のテーブルが1卓、4席のテーブルが1卓となっており、テーブル席は子供連れ優先という計らいがされているようです。
しかもこの手の家系ラーメン店には珍しく、子供用の椅子やクッションなど、家族連れを考慮した設備が充実しています。

横浜鴨居にある家系ラーメン店「うえむらや」のメニュー

カウンター席の正面にメニューが並べられています。
ノーマルのラーメンは500円とお安く、その他いろいろなトッピングメニューが用意されています。

今回はキェベ玉ラーメンとのり玉ラーメンを注文。
食券制ではなく、お店の方に直接注文します。

横浜鴨居にある家系ラーメン店「うえむらや」のラーメン

まずはこちらがキャベ玉ラーメン
こんもりとしたキャベツと味玉がトッピングされています。
お値段は700円。

横浜鴨居にある家系ラーメン店「うえむらや」の

そしてこちらがのり玉ラーメン。
増量されたノのりと味玉がトッピングされています。
こちらもお値段は700円です。

麺は通常の家系ラーメンよりは若干細め。
スープは油が少なくあっさりめでサラサラした印象でした。

あっさり系の家系ラーメンとしてはおいしかったのですが、個人的にはこってりした方が好きなのでちょっと物足りなかったかな。。
あっさり好きにはおすすめです!
また、家族連れを意識しているのかわかりませんが、お子さんにも食べやすい味付けになっているかと思います。

ここ「うえむらや」は駐車場完備、子供椅子やクッション充実と家族で利用するには便利な家系ラーメン店だと思います。
あ、あと接客もとても丁寧で好感が持てました!

≪お店データ≫
◆うえむらや(食べログのページ)
住所:横浜市都筑区池辺町4853-3
電話番号:045-936-0553
営業時間:10:30〜22:00
定休日:なし
駐車場:あり
アクセス:JR横浜線鴨居駅より徒歩15分

うえむらや ラーメン / 鴨居駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月28日

川崎新丸子にある昔ながらの手作りパン屋さん「ビッグバン(Bigbang)」 3

先日、川崎の新丸子に行く機会があり、駅前の商店街の途中にパン屋を見つけたので立ち寄ってみることにしました。

新丸子にあるパン屋さん「ビッグバン」の外観

東急東横線の新丸子駅から徒歩3分ほど歩いたところにある「ビッグバン(Bigbang)」というパン屋さんです。
外観からはかなり年季が入ったお店ということが伺えます。

新丸子にあるパン屋さん「ビッグバン」の店内

新丸子にあるパン屋さん「ビッグバン」の店内

店内には手作り感たっぷりのパンが並びます。
どれもひとつひとつが大きくて、お値段は120円〜160円台が中心となっていてお安いです。

新丸子にあるパン屋さん「ビッグバン」のパン

今回買って帰ったパンがこちらです。

写真手前左のマサラカレーパンにはちょっとビックリ。
何も意識せずカレーパンとして買っただけだったのですが、中に入っているカレーが激辛!
食べれば食べるほど辛くなってきて後半は口をスースー言わせながら食べました。笑
このカレーパンの本気ぶりには驚きでした。

その他のパンはどれも素朴な味わいで食べやすく、普通においしくいただきました。

ここビッグバン(Bigbang)ではライ麦パンも扱っているようなので次回立ち寄る機会があったら買ってみようと思います!

≪お店データ≫
◆ビッグバン(Bigbang)(食べログのページ)
住所:川崎市中原区新丸子東1-785
電話番号:044-433-6911
営業時間:未確認
定休日:日曜日
駐車場:なし
アクセス:東急東横線新丸子駅より徒歩3分

Bigbang (パン・サンドイッチ(その他) / 新丸子駅武蔵小杉駅沼部駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月26日

横浜菊名にあるラーメン店「喜九成食堂」でいただく濃厚魚介とんこつのラーメンとつけ麺 3

先日、横浜菊名の駅前に見慣れないラーメン店を発見したので入ってみることにしました。

横浜菊名にあるあラーメン店「喜九成食堂」の外観

お店の名前は「喜九成食堂」です。
(道が狭くて写真にタクシーがかぶってしまいました。。)
東急東横線の菊名駅の東口を出で、左に数メートル歩いたところにあります。

横浜菊名にあるあラーメン店「喜九成食堂」のメニュー

店内に入るとまずは食券を購入。
メニューがとても多いのでいろいろ選べる嬉しさはありますが、この手のお店でいろいろと手を出しているのはちょっと不安。。笑

とりあえずおすすめっぽく書かれていた「濃厚 ぶし系ラーメン」と「濃厚 ぶし系つけ麺」にしてみました。

店内は意外とゆったりとした作りになっていて、カウンター席だけでなく、2人掛けのテーブル席が3卓用意されています。

というわけで運ばれてきたラーメンとつけ麺がこちら。

横浜菊名にあるあラーメン店「喜九成食堂」のラーメン

「濃厚 ぶし系ラーメン」
お値段は750円

スープはとろみがあり確かに「濃厚」を謳っているだけのことはあります。
これはこれでおいしいのですが、いかにも流行りに乗っかったといった感じで今ひとつインパクトが足りなかったかな。。

横浜菊名にあるあラーメン店「喜九成食堂」のつけ麺

横浜菊名にあるあラーメン店「喜九成食堂」のつけ麺

そしてこちらがつけ麺の「濃厚 ぶし系つけ麺」
こちらのお値段は780円

こちらもインパクトという点ではいまいちだったのですが、全粒粉入りの極太麺は麺の味がしっかりと出ていておいしかったです。

ここ「喜九成食堂」は菊名の駅前にあって利便性がよく、メニューも豊富で入りやすいお店なので、とくにこだわりなくいろいろなラーメンを食べたい場合にふらりと立ち寄れるそんなお店かと思います。

≪お店データ≫
◆喜九成食堂(食べログのページ)
住所:横浜市港北区菊名4-2-6
電話番号:045-439-7730
営業時間:11:00〜26:00
定休日:なし
駐車場:なし
アクセス:東急東横線菊名駅より徒歩1分

喜九成食堂 ラーメン / 菊名駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月23日

横浜人形の家の1階にあるシアトル直輸入のコーヒー豆のコーヒーをいただけるカフェ「CAFE Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)」 3

先日、元町中華街周辺をぶらぶらと散策していた際に休憩がてら、今年の春にオープンしたばかりのカフェ「CAFE Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)」に立ち寄ってみることにしました。

横浜山下町にあるカフェ「カフェ エリオット アベニュー」の外観

お店は横浜マリンタワーのすぐ近くにある横浜人形の家の1階にあります。

この「CAFE Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)」は日本のトップバリスタと言われている波多純子さんと輿石賢吾さんが経営するお店なんだそうです。
(バリスタ界はよく知りませんがすごいお方のようです。)
さらに世界的に評価の高いシアトルの「Espresso Vivace(エスプレッソ ビバーチェ)」という豆を空輸して提供しており、アメリカのシアトルお店以外海外でいだたけるのはこの「CAFE Elliott Avenue(カフェ エリオット アベニュー)」とのことです。

お店に行った時にはここらへんの情報は知らず、なんとなく新しくオープンしたので行ってみただけだったんですけどね。。

横浜山下町にあるカフェ「カフェ エリオット アベニュー」の店内

店内はこんな感じになっています。
テラス席も用意されています。

今回はあまりゆっくりしている時間がなかったのでテイクアウトすることにしました。

横浜山下町の「カフェ エリオット アベニュー」のカフェラテ

本格エスプレッソのお店で邪道かな。。と思いつつ暑かったのアイスカフェラテを注文しました。
お値段は500円。
なかなかいいお値段ですが、テイクアウトにしたので見た目はスターバックスと大して変わらないのが悲しいところ。笑

しかしながお味の方はカフェラテにも関わらずエスプレッソの香り強くとてもおいしいです。

のどが乾いてい思わずゴクゴクとあっという間に飲んでしまいましたが、今度行った時は店内でゆっくりくつろぎながらおいしいエスプレッソやカフェラテをいただこうと思います!

コーヒー好きの方は是非一度行ってみてはいかがでしょう。

≪お店データ≫
◆CAFE Elliott Avenue(ホームページ)
住所:横浜市中区山下町18
電話番号:045-664-5757
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日
駐車場:なし
アクセス:みなとみらい線元町・中華街駅4番出口より徒歩3分

CAFE Elliott Avenue カフェ / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月21日

横浜元町にあるちょっと変わったおしゃれなカフェ「カフェ ジャグスカッドベース(Cafe JagSkadd Basa)」でいただくパスタとオムライスのランチ 3

先日、横浜元町でランチをしようとネットでお店を探していると横浜元町にあるお店っぽくない?ちょっと変わったカフェを見つけたので行ってみることにしました。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」の外観

こちらがお店の外観。
「カフェ ジャグスカッドベース(Cafe JagSkadd Basa)」という名前のカフェで、元町通りの一本隣にある河岸通り沿いにあります。
普段元町通りやその反対側の通りの仲通りはよく歩くのですが、川沿いの道はほとんど行ったことがなかったので、こんなところにカフェがあったとは意外な発見でした。

横浜元町にはあまり見かけないポップな外観が印象的なお店です。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」の店内

店内は白を基調とした明るい内装です。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」の店内

ちょっと変わっているのは店内のいたるところにおしゃれなおもちゃが置かれているところです。
壁を見上げるとベアブリックというクマの人形がずらりと並んでいます。

そんな店内にあっけにとられながらさっそく注文。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」のメニュー

メニューはパスタとオムライスが数種類用意されています。

土日祝のランチタイムは11:30〜15:00で、ドリンク(アイスコーヒー、アイスティー、ホットコーヒー、ホットティー)とミニサラダが付いてきます。
ちなみに平日のランチタイムは11:30〜14:30でドリンクバーとミニサラダ付きになります。

今回はパスタとオムライスそれぞれ一品ずつ頼んでみました。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」のコーヒー

この日は暑くて喉が乾いていたので先にアイスコーヒーを持ってきてもらいました。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」のサラダ

ミニサラダです。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」のパスタ

そしてこちらが「トマトベーコンチーズのスープパスタ」です。
お値段は900円。

名前の通り、トマトベースのスープにベーコンとチーズが入っているスープパスタです。
麺は生パスタを使っているのでモチモチしていておいしいです。
ただ、スープの味が薄めだったのでもう少し味が濃くてもいいかなと思いました。

横浜元町にあるカフェ「カフェ ジャグスカッドベース」のオムライス

オムライスメニューは一番人気と書かれていた「エビクリームオムライス」です。
こちらのお値段は950円。

やわらかな卵にかかるアメリケーヌソースはエビのだしがしっかりと効いていておいしいです!
さすが一番人気のオムライスです。

パスタもオムライスもカフェのランチにしては結構ボリュームがあってお腹いっぱい。
1,000円以下でドリンク、サラダも付いてとても満足できました。

ここ「カフェ ジャグスカッドベース(Cafe JagSkadd Basa)」は横浜元町で手軽にカフェランチをいただけるおすすめのお店です。

≪お店データ≫
◆カフェ ジャグスカッドベース(Cafe JagSkadd Basa)(ホームページ)
住所:横浜市中区元町1-21-2 田中ビル1F
電話番号:045-663-3736
営業時間:11:30〜23:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
駐車場:なし
アクセス:
 みなとみらい線元町・中華街駅より徒歩3分
 JR根岸線石川町駅より徒歩10分

Cafe JagSkaddBase カフェ / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月19日

横浜元町にある老舗の人気パン屋さん「ウチキパン」で買うおいしいパン 3

先日、横浜元町にある人気のパン屋さん「ウチキパン」へ行ってきました。
(今まで何度か行ったことはあったのですが、なぜか横浜ブログで紹介していませんでした。。)

横浜元町にある老舗パン屋さん「ウチキパン」の外観

お店はみなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩1分、横浜元町プラザのすぐ横にあります。

この「ウチキパン」はかなりの老舗でなんと創業は明治22年!
しかも日本で初めて食パンを販売したという歴史あるお店なのです。
そのためテレビや雑誌などでも度々取り上げられ、店内はいつもお客さんでいっぱいです。
平日の混み具合はわかりませんが、今回行った土曜日は通路がお客さんで埋まりパンを選ぶのも一苦労です。。

横浜元町にある老舗パン屋さん「ウチキパン」の店内

店内にはいろいろな種類のパンがどっさりと山積みになっています。

横浜元町にある老舗パン屋さん「ウチキパン」の店内

老舗のパン屋ということで販売してるパンも懐かしさを感じる昔ながらのものが多いです。

今回はお昼頃に行きましたが、夕方ぐらいになるとほとんどなくってしまっている場合があるので買いに行くタイミングは要注意です。

買って帰ったパンがこちら。

横浜元町にある老舗パン屋さん「ウチキパン」のパン

・無花果(イチジク)クリーム(170円)
・チーズバンズ(150円)
・ピロシキ(160円)
・メープルクーヘン(160円)

どれも100円台と安いのが嬉しいところです。

今回買った中で気に入ったのはメープルクーヘン。(写真奥)
ほのかなメープルの甘さがおいしい逸品です。

どのパンもどこか安心できるシンプルで素朴なおいしさがあります。
きっとそこが人気なんでしょうね。

ここ「ウチキパン」は横浜元町に来た際には一度は立ち寄っておきたいパン屋さんです。

≪お店データ≫
◆ウチキパン(ホームページ)
住所:横浜市中区元町1-50
電話番号:045-641-1161
営業時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日(祭日の場合は火曜日)
駐車場:専用駐車場なし(元町商店街の駐車場あり)
アクセス:
 みなとみらい線元町・中華街駅より徒歩1分
 JR根岸線石川町駅より徒歩10分

ウチキパン パン / 元町・中華街駅石川町駅日本大通り駅
★★★☆☆ 3.0



2010年07月16日

またまた行ってきました横浜菊名の駅前にあるおいしい鯛焼き屋「鯛焼 新世界」 3

ふと甘いものが食べたくなり、以前一度立ち寄った横浜菊名にある鯛焼き屋「新世界」にまたまた行ってきました。

横浜菊名にある鯛焼き屋「新世界」の外観

場所は東急東横線菊名駅の東口の階段を降り、左に進んですぐのところにあります。
駅のすぐ近くで徒歩1分ほどです。

お店は注文を受ける窓口とその横にベンチがある小さな店構えです。

ここ「鯛焼 新世界」で販売している鯛焼きの種類はあんことクリームの2種類です。
あんこの方は並(126円)と上(168円)の2つがあります。
クリームのお値段は168円となっています。

今回はあんこの並とクリームを1つずつ買って帰りました。

横浜菊名にある鯛焼き屋「新世界」の鯛焼き

少し時間が経ってしまったので温め直すと再び皮がパリパリに。
あんこ、クリームともにたっぷり入っていておいしいです。
特にここのクリームの鯛焼きのクリームが濃厚で、他の鯛焼き屋のクリームとは一線を画しているような感じがします。

ちなみにこの「鯛焼 新世界」は六角橋にもあるようなので(こちらが本店)、おいしい鯛焼きを買いに立ち寄ってみてはいかがでしょう。

≪お店データ≫
◆鯛焼 新世界 菊名店(ホームページ)
住所:横浜市港北区菊名6-1-8
電話番号:045-433-6626
営業時間:不明
定休日:年中無休(年末年始、夏休み有)
駐車場:なし
アクセス:東急東横線菊名駅徒歩1分

2010年07月14日

【番外編】渋谷西武にあるパン屋さん「PAiN au TRADITIONNEL(パン・オ・トラディショネル)」で買うおいしい天然酵母パン 4

今回は番外編ということで渋谷で見つけたおいしいパン屋さんをご紹介します。

渋谷西武の外観

今回のパン屋さんは渋谷西武A館の地下1階にあります。
渋谷駅からだと駅前の交差点を渡ってすぐのツタヤの隣の建物です。

渋谷西武にあるパン屋「パンオトラディショネル」の外観

1階の入り口近くに階段があるのでそこを下りると目の前に目的のパン屋「PAiN au TRADITIONNEL(パン・オ・トラディショネル)」があります。
この「PAiN au TRADITIONNEL(パン・オ・トラディショネル)」は北海道の札幌に本店があるお店で、その2店舗目として渋谷西武に出店しています。

店内にはデニッシュ系とハード系のパンが取り揃えられています。
ひとつひとつのパンは割と大きめで、お値段はだいたい200円台のものが多く少々お高いです。

種類が豊富でどれもおいしそうですが、大きくてお値段もそこそこするので数を絞ってどれを買って帰ろうか迷います。。

そんなわけで今回は迷いながら4つのパンを買って帰りました。

渋谷西武にあるパン屋「パンオトラディショネル」のパン

渋谷西武にあるパン屋「パンオトラディショネル」のパン

渋谷西武にあるパン屋「パンオトラディショネル」のパン

渋谷西武にあるパン屋「パンオトラディショネル」のパン

ハード系のパン3つとさつまいものデニッシュ1つです。

いただいてみるとこれがおいしい!
ハード系のパンはパン自体に味がしっかりとあり、さらに噛めば噛むほどその味が口に広がっていきます。

さつまいものデニッシュは中に挟まれたさつまいもクリームとサクサクのデニッシュ生地の組み合わせが抜群でおいしいです。
このさつまいものデニッシュは人気商品とのことで納得のおいしさです。

この「PAiN au TRADITIONNEL(パン・オ・トラディショネル)」のパンは全て厳選された全粒粉の小麦粉や発酵バターを原料にし、「ルヴァン・リキッド」という天然酵母を使い、低温で長時間発酵させる伝統的な製法で作られているそうです。

渋谷へお出掛けの際にはここ「PAiN au TRADITIONNEL(パン・オ・トラディショネル)」でおいしい天然酵母パンを買って帰ってみてはいかがでしょう。

≪お店データ≫
◆PAiN au TRADITIONNEL 渋谷西武店(パン・オ・トラディショネル)(ホームページ)
住所:東京都渋谷区宇田川町21-1 渋谷西武 A館B1F
電話番号:03-5456-9557
営業時間:10:00〜21:00
定休日:なし(渋谷西武に準ずる)
アクセス:渋谷駅より徒歩3分

PAiN au TRADITIONNEL 渋谷西武店 (パン / 渋谷、神泉)
★★★★ 4.0



2010年07月12日

横浜菊名にある焼肉屋「焼肉 横濱 慶州苑」でいただく安くておいしい焼肉ランチ 4

先日、ネットで新たなランチスポットを探していると、菊名駅の近くにある焼肉屋さんがリーズナブルなお値段でランチをやっているとの情報を見つけ行ってみることにしました。

横浜菊名にある焼肉店「焼肉 慶州苑」の外観

「焼肉 横濱 慶州苑」という焼肉屋さんで、ちょうどJR横浜線菊名駅のホームの真下にあります。
ちなみに菊名以外に新横浜にも出店しています。

横浜菊名にある焼肉店「焼肉 慶州苑」の店内

こちらが店内の様子。
オレンジ色の椅子とソファ席が印象的な店内です。

横浜菊名にある焼肉店「焼肉 慶州苑」のメニュー

ランチタイムは11:30〜15:00で、ランチメニューは750円から用意されています。
ビビンバやユッケ、冷麺などと組み合わせたバリエーションのあるメニュー展開がいいですね。

そんななかから今回は「焼肉定食」と「得得カルビ定食」を注文してみました。

横浜菊名にある焼肉店「焼肉 慶州苑」の焼肉定食

こちらが焼肉定食です。
予めタレに漬けてあるお肉にライス、スープ、サラダ、もやしのキムチ、お新香がついてお値段800円。

横浜菊名にある焼肉店「焼肉 慶州苑」の得得カルビ定食

そしてこちらが得得カルビ定食。
こちらはサーロインのカルビ(最近サーロインにバージョンアップしたとのこと)にビビンバ、スープ、サラダ、お新香がついてお値段は1,000円です。

さっそくテーブルの無煙ロースターで焼いていただくとこれがおいしい!!
焼肉定食のお肉ももちろんおいしかったのですが、驚きだったのはサーロインのカルビ。
これがまた絶品で口に入れるととろけちゃいます。
1,000円で、しかもビビンバまで付いたボリュームのあるセットでこんなおいしいお肉がいただけちゃうのはほんとお得です。

ここ「焼肉 横濱 慶州苑」のお肉はすべて上級の和牛肉を使ってるそうで、納得のお味です。

セットのビビンバですが、こちらは石焼ではないせいかお肉を焼いて食べているうちにどんどん冷めてしまってちょっとイマイチでした。。
まあ、お肉のおいしさに気をとられあまり気にはならなかったのですが(笑)

安くておいしい焼肉ランチをいただける「焼肉 横濱 慶州苑」は菊名のホームの下にある隠れた名店です!
おすすめ!!

≪お店データ≫
◆焼肉 横濱 慶州苑(ホームページ)
住所:横浜市港北区篠原北1-1-2
電話番号:045-402-1387
営業時間:11:30〜24:00(ランチタイムは11:30〜15:00)
定休日:なし
駐車場:なし
アクセス:
 JR横浜線新菊名駅より徒歩1分
 東急東横線菊名駅より徒歩2分

焼肉 横濱慶州苑 菊名店 (焼肉 / 菊名)
★★★★ 4.0



2010年07月09日

クイーンズ伊勢丹横浜にある北海道スイーツのお店「Bocca」のおいしいミルクプリン 3

今年の4月末に横浜駅の相鉄ジョイナスにあるクイーンズ伊勢丹横浜がリニューアルオープンしたとのことで、新たに出店した北海道スイーツのお店に行ってきました。

「クイーンズ伊勢丹横浜店」にある「BOCCA」の外観

お店の名前は「Bocca」と言い、クイーンズ伊勢丹横浜の入り口近くにあります。
この「Bocca」は北海道を中心に展開しているお店で、北海道以外の直営店は新宿とここ横浜の2店舗しかないようです。
(直営店以外は都内にも取り扱い店舗があるようです。)

「クイーンズ伊勢丹横浜店」にある「BOCCA」の店頭

「Bocca」のメイン商品は丸い形をした「牧家の白いプリン」です。
店頭のカウンターにはケースに入れられたプリンがずらりと並んでいます。

4個セットと2個セットがあり、まずはお試しということで2個セットを買ってみました。

「クイーンズ伊勢丹横浜店」にある「BOCCA」のプリン

筒状のケースに丸いプリンが入っています。
お値段は420円です。

「クイーンズ伊勢丹横浜店」にある「BOCCA」のプリン

プリンは水風船のようなゴムの袋に入っていて、カラメルソースが別途入っています。

「クイーンズ伊勢丹横浜店」にある「BOCCA」のプリン

ゴムの袋をつまようじで刺して割るとプルンと一瞬にして中身が出てきてちょっとおもしろいです。
カラメルソースをかけていただきます。
(お皿が若干盛り上がっていて真ん中に配置できず微妙な写真になってしまいました。。)

この「牧家の白いプリン」は伊達市近郊の牧場から工場へ毎朝直送される生乳を原料とした「だて牛乳」を使ったミルクプリンだそうです。
食べてみるとモチモチした独特な食感で、濃厚なミルクの味が口に広がりおいしいです。

素材を活かしたシンプルなお味のミルクプリン、お土産や子供のおやつにいいかもしれません。

≪お店データ≫
◆Bocca クイーンズ伊勢丹横浜店(ホームページ)
住所:横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナスB1F
電話番号:045-411-6959
営業時間:10:00〜22:00
定休日:なし(クイーンズ伊勢丹横浜店の休館日に準ずる)
駐車場:あり(相鉄ジョイナス駐車場、横浜駅西口地下駐車場)
アクセス:横浜駅より徒歩1分

Bocca クイーンズ伊勢丹横浜店 (洋菓子(その他) / 横浜、新高島、平沼橋)
★★★☆☆ 3.0



スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives