2008年08月
2008年08月10日

横浜ランドマークタワーにあるおいしい日本茶が味わえる和カフェ「緑茶+話」 4


横浜みなとみらいにある横浜ランドマークタワーに和カフェがあるとのことで行ってみることにしました。

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」
お店の名前は「緑茶+話」("りょくちゃとは"と読みます)
5階のタワーダイニングにあります。

この「緑茶+話」では360年の歴史誇る宇治「松北園」の銘茶が気軽に味わえるお店で、オリジナルのお食事メニューや和スイーツなどもそろえれています。

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」の店内

店内はカウンターとテーブル席がある細長い作りになっています。
ちょうどお茶の時間に行くと案の定なかなかの混み具合。
人気のお店のようです。

そして、今回注文したメニューはと言うと・・・。

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」の煎茶

宇治「松北園」煎茶

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」の和ケーキ

緑茶+話の三味三味

こちらはお茶とセットにすることができて下のスイーツにプラス200円で上の煎茶をつけました。
お値段は三味三味650円プラス煎茶200円で850円です。

三味三味は抹茶、キャラメル、黒蜜を使ったケーキでそれぞれ和の特徴をふんだんに出したおいしいケーキです。
1回で3つの味が楽しめるお得なケーキです。

煎茶は砂時計が落ちたタイミングで急須にそそぐという本格派。
飲んでみるとこれがほんとおいしい!
緑茶ってこんなんだったけと思うほど風味豊かでふか〜い味わいなのです。
やっぱりこだわりのお茶は違いますね。ビックリです。

そしてもうひとつ別のお茶を。

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」のほうじ茶

横浜ランドマークの和カフェ「緑茶+話」のスイーツ

小さなスイーツが付いた宇治「松北園」ほうじ茶です。
こちらもやはり風味が違います。
苦味がなくさっぱりした口当たりが特徴で一口飲むと口の中に香りが広がります。
ほうじ茶ってこんなにおいしいんですね。
あなどれません。

「緑茶+話」の外観は結構気軽な感じで入れるお店なのでまさかこんなに本格的な日本茶がいただけるとは思ってなかったので意外な発見でした。
コーヒー、紅茶もいいですけど、たまにはこんな日本茶もいいもんですね。

ここのお茶はぜひ一度味わっていただきたいです!
おすすめ。

≪お店データ≫
◆緑茶+話 横浜ランドマークタワー店(ホームページ)
住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ5F
電話番号:045-222-5525
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:00)
定休日:なし
アクセス:
 みなとみらい線みなとみらい駅より徒歩3分
 JR桜木町駅より徒歩5分
 横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩5分

2008年08月07日

4月にリニューアルオープンした横浜山下公園の氷川丸へ行ってきました 3

リニューアルオープンしてから結構経ってしまいましたが、横浜山下公園に係留されている氷川丸へ行ってきました。

横浜山下公園の氷川丸

この氷川丸は2006年12月25日まで一般公開されていましたが、その後日本郵船に引き継がれ今年の4月にリニューアルオープンしました。
日本郵船は1年がかりで補修工事を行い、修繕費の予算は10億円以上らしいです!

そんな船内は以下のような感じになっています。

横浜山下公園の氷川丸の観覧料金

まずは入り口で入館料のお支払。
大人200円は安い!

横浜山下公園の氷川丸の通路

狭い通路は妙に雰囲気があります。
なんとなく映画「タイタニック」を思い出しちゃいました。

横浜山下公園の氷川丸のダイニングルーム

豪華なダイニングルーム。
天井が低い。。。

横浜山下公園の氷川丸の客室

客室はこんな感じになってます。

横浜山下公園の氷川丸の機関室

客室の感じとはまったく異なる機関室。
これまた映画のシーンで出てきそうな雰囲気にちょっと興奮。

横浜山下公園の氷川丸の甲板

室内だけでなく甲板に出ることもできます。

横浜山下公園の氷川丸からの景色

甲板からの眺めはとってもいいですよ。

この他にも操舵室や船長室、実際に船内で使用された備品が展示してある部屋など見所いっぱいです。
実際小学生ぐらいの子供たちが興味津々でかなりくいついてました。笑

この氷川丸、昔から横浜山下公園に係留されていますが、その歴史を知っている方は少ないんじゃないかと思います。
ちょっとした歴史の勉強がてら船内探索してみてはいかがでしょうか。
意外な氷川丸の活躍っぷりに関心するかもしれませんよ。

≪施設データ≫
◆日本郵船氷川丸(ホームページ)
住所:横浜市中区山下町山下公園地先
電話番号:045-641-4362
営業時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休館)、臨時休館日
入館料:一般:200円、シニア・小中高生:100円
アクセス:
 みなとみらい線元町中華街駅より徒歩3分
 JR石川町駅、関内駅より徒歩10分

2008年08月06日

横浜元町にあるカフェ「kaoris(カオリズ)」で食べるカフェランチ 4

以前、横浜ブログでご紹介した横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」ですが、前回はドリンクだけだったので今回はランチを食べに行ってきました。
(以前の記事はこちら⇒『横浜元町にあるおいしい紅茶を味わえるカフェ「kaoris(カオリズ)」』)

お店は元町商店街から汐汲坂という通りに入ったすぐ手前のビルにあります。

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」の看板

ビルの2階にあるため通りにはこのような看板が立てられています。

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」の入り口

階段を上った入り口がこちら。

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」の店内

店内にはセンスのよいインテリアが置かれ、窓から差し込む陽は明るくとても落ち着く雰囲気になっています。
フロアが狭めなのでアットホームな感じになっているのもまたいいところです。

12時前の早めのランチにしたので店内は空いていて余裕がありました。
席に着き早速注文。

注文したメニューがこちら。

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」のサラダランチ

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」のパン

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」のドリンク

春菊と薬味のスパイシーサラダ チキンフィレグリル添えです。
お値段1,280円
これにパンとドリンクが付きます。

春菊のサラダってちょっと珍しいですがこれが意外とおいしいのです。
ドレッシングにはタマリンドという果物を使っていてこのドレッシングがとてもよく合います。
青りんごの甘さと胡椒のきいたチキンもいい味を出してます。

あと、ここkaoris(カオリズ)は自家製のパンにも力を入れているのでパンはすごくおいしいのでおすすめです。

横浜元町のカフェ「kaoris(カオリズ)」のフレンチトースト

そしてもう一品はフレンチトーストです。
いくつか種類があるのですが、今回選んだのはピーナッツバターとラムレーズンピュレのフレンチトーストです。
お値段920円。

このフレンチトースト、まず驚いたのは大きさ。
写真じゃちょっと伝わりにくいかもしれませんが、なかなかのボリュームがあります。
最初見たときはストーンヘンジ?とか思っちゃいました。

フレンチトーストにピーナッツバターってどうなのかなと思いましたが結構いけます。
ラムレーズンピュレを絡めるとよりいっそうおしくなります。

アットホームなカフェで食べるこんなカフェランチいかがでしょうか。
ゆったりのんびりした気分でおいしいお食事ができるのでおすすめです!

≪お店データ≫
◆kaoris(カオリズ)(ホームページ)
住所:横浜市中区元町3-141-8 2階
電話番号:045-306-9576
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし
アクセス:JR石川町駅、みなとみらい線元町中華街駅より徒歩5分

2008年08月03日

横浜高島屋にあるミシュラン三ツ星シェフのブランジュリー&パティスリー 5

少し前に、世界的に有名なシェフのブランジュリー&パティスリーが横浜高島屋にオープンしたとのことで行ってきました。

横浜高島屋の「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」

横浜高島屋の地下2階にあるそのお店の名前は「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」と言います。
ジョエル・ロブションというのがシェフのお名前です。
このジョエル・ロブション氏は一時期話題になっていたミシュランガイドで三ツ星シェフに選ばれた方なんだそうです。
ホームページに掲載されている経歴を見てもそのすごさがわかります。

ジョエル・ロブション氏のレストランは東京や名古屋にあるのですが、ブランジュリー&パティスリーのブティック形式のお店は世界でも横浜高島屋が2店舗目。
これはなかなかレアなお店が横浜へやってきたものです。

横浜高島屋の「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」のパン

ブランジュリー&パティスリーということで店頭にはおいしそうなパンやスイーツがずらりと並んでいます。
見た目も綺麗なスイーツはまるで宝石のようにショーケースに飾られていてなんだ眩しい感じです。

せっかくなのでスイーツとパンの両方を買って帰ることにしました。

まずスイーツがこちら。

「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」のスイーツ

グラスに入ったおしゃれなチョコレートとバニラのムースです。
上品な甘さのムースは口に入れた瞬間にとろけちゃいます。
う〜ん、おいしい。

お次はパンです。

「ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション」のパン

やっぱりパンもおいしいですね〜。
クロワッサンをデコレーションしたショコラ・バナーヌとショコラ・フランボワーズは最高!
サクサクしたクロワッサンにフランボワーズの甘酸っぱい酸味、方やバナナとチョコの甘み、絶妙なバランスの味で文句なくおいしかったです。

パンに関してはちょっとお高い(ショコラ・バナーヌとショコラ・フランボワーズは347円!)ですが、世界的に有名なシェフのスイーツとパンは一度食べてみてはいかがでしょうか。
おすすめです!

≪お店データ≫
◆ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション(ホームページ)
住所:横浜市西区南幸1-6-31 横浜高島屋B1F
電話番号:045-328-1400
営業時間:10:00〜20:00
定休日:横浜高島屋に順ずる
アクセス:横浜駅より徒歩約1分

スポンサード リンク


livedoor プロフィール

うえ

横浜市在住。
週末は横浜エリア、みなとみらいエリア周辺を散策してます。カメラはペンタックスK-7を愛用。

Twitterアイコン
@yokohama_ueでTwitterもやってます。follow歓迎!


横浜ブログのFacebookページ作りました!

なんとなくPhoto Blog
写真ブログもやってます。
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Archives