2008年06月
2008年06月28日

横浜元町でフランス料理人が手掛けるこだわりパンが食べられるお店「ラール&ブーランジェリー レ・サンス」 4


横浜元町にパンのブティックをコンセプトとしたこだわりのパン屋があるとのことで行ってみました。

「ラール&ブーランジェリー レ・サンス 横浜元町店」の入り口

お店の名前は「ラール&ブーランジェリー レ・サンス」といい、元町プラザ3Fにあります。
入り口はなぜか妙に暗かったです・・・。

元町プラザってほとんど入ったことがなかったので、こんなところにパン屋があるなんて今まで全然気づきませんでした。

「ラール&ブーランジェリー レ・サンス 横浜元町店」の店内

恐る恐る中に入ってみると店内はとても明るい雰囲気で、まさにパンのブティックと言わんばかりにおいしそうなパンがショーケースの中に並んでいます。
うぅ、なんかまぶしい。

「ラール&ブーランジェリー レ・サンス 横浜元町店」の店内

そして店の奥にはテーブル席が用意されています。

イートインスペースかなと思ったら、この「ラール&ブーランジェリー レ・サンス」というお店のメインはパン屋ではなくフランス料理のレストランなんですね〜。
おいしいパンが食べられるフランス料理店で、パンのテイクアウトもやってますという感じみたいです。

当然今回は普通にパンを買って帰るつもりで入ったのでテイクアウトです。

「ラール&ブーランジェリー レ・サンス 横浜元町店」のパン

こちらが買って帰ったパン。
あまり他のパン屋ではみたことがない鮮やかなパンです。

見た目だけではなくこれがまたおいしい。
このレモンのスライスがのったパンの甘酸っぱい味にはやられました!

今回はお試しだったので買って帰ったパンは少なかったのですが、ここ「ラール&ブーランジェリー レ・サンス」には30種類ものパンが用意されているので、今度は他のパンも食べてみたいと思います。
小麦や塩などの素材にもこだわって作っているようなので、シンプルなパンもきっとおいしいと思います。

≪お店データ≫
◆ラール&ブーランジェリー レ・サンス(ホームページ)
住所:横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
電話番号:045-662-3644
営業時間:
 ランチ  11:30〜15:00(L.O.)
 ティー  15:00〜17:00(L.O.16:30)
 ディナー 17:30〜21:30(L.O.)
定休日:月曜日
アクセス:
 みなとみらい線元町・中華街駅 5番出口 徒歩1分
 JR根岸線石川町駅 元町出口 徒歩7分

2008年06月26日

フランスパリに本店を構える洋菓子界の巨匠のお店が横浜元町に!「パティスリー ジャン・ミエ 横浜元町店」 4

横浜元町のメイン通りである元町通り沿いにある洋菓子店「パティスリー ジャン・ミエ 横浜元町店」へ行ってきました。

パリに本店がある洋菓子店「ジャン・ミエ 横浜元町店」

オレンジの外観がとっても目立つので横浜元町へ行ったことがある方は目にしたことがあるんじゃないでしょうか。
私も以前から気になっていたお店なんですが、調べてみるとなにげに由緒正しい立派なお店なんですね〜。

この「パティスリー ジャン・ミエ」はフランスパリに本店があり、経営者のジャン・ミエは世界洋菓子連盟会長を歴任し、M.O.F(フランス最優秀技術者)の称号を持つ洋菓子界の巨匠なんだとか。
そして、ここ横浜元町にあるお店は本店以外で世界で唯一の路面店だそうです。
(東京のデパ地下なんかにはテナントとして出店してます。)

パリに本店がある洋菓子店「ジャン・ミエ 横浜元町店」の店内

店内には目にも鮮やかなおいしそうなケーキがずらりと並んでいます。
イートインスペースもあるので店内でいただくこともできます。

今回はお持ち帰りです。

パリに本店がある洋菓子店「ジャン・ミエ 横浜元町店」のスイーツ

買って帰ったのはストレートにケーキではなく、プリンとペリゴールの森という焼き菓子にしてみました。

プリンはバニラビーンズがたっぷり入っていて濃厚な味わいで口のなかでとろっととろける食感がたまりません。
う〜ん、おいしいです!

ペリゴールの森という焼き菓子ですが、こちらはシンプルな焼き菓子と思いきや、中にはトリュフチョコレートが丸ごと入っていて意表をつかれるおいしさです。
パサパサしてなくてしっとりやわらかなところがまたいいです。

見た目の派手さはないですが、どちらも作り手のこだわりが感じられる珠玉の一品です!

横浜元町へ出かけた際には是非寄っていきたいお店の1つとなりました。

≪お店データ≫
◆パティスリー ジャン・ミエ 横浜元町店(Patissier Jean Millet)(ホームページ)
住所:横浜市中区元町1-18-5
電話番号:045-664-2522
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜
アクセス:
 JR京浜東北線 石川町駅(元町口)下車 徒歩10分
 みなとみらい線 元町・中華街駅(元町口)下車 徒歩4分

2008年06月24日

横浜中華街のCafe Shofukumon(招福茶楼)で食べるお得なお粥ランチ 4

横浜中華街のCafe Shofukumon(招福茶楼)というお店でお手軽なお粥ランチが食べられるということで行ってきました。

横浜中華街のCafe Shofukumon(招福茶楼)の外観

Cafe Shofukumon(招福茶楼)とは中華料理のお店「招福門」が経営するカフェのお店です。
お店は横浜中華街のメイン通りである中華街大通りの真ん中あたりにあります。

1階が売店とカフェの注文場所になっていて、席に着く前に先に注文を済ませます。

横浜中華街のCafe Shofukumon(招福茶楼)の店内

注文を終え2階の席へ。
店内は落ち着いた雰囲気でのんびり過ごせそうな空間になっています。
入った時はこの通り誰もお客さんがいなくて貸切状態。。。
しばらくしてお客さんが来るまでは気兼ねなく過ごせました

そんなこんなでリラックスしながら待っていると注文した料理が運ばれてきました。

横浜中華街のCafe Shofukumon(招福茶楼)のお粥セット

こちらがお粥セットです。
海鮮のお粥、肉シュウマイ2個、春巻き1本、海老揚げ餃子1個、ザーサイ、中国茶のセットでお値段1,000円
これだけいろいろ食べられて1,000円ってお得!
お粥もケチることなくしっかりと海鮮の具が入ってて食べ応えあります。
シュウマイも本格的でカフェで出される料理という感じではなく、中華料理店のシュウマイって感じで完成度高くておいしいです。
まあ、"招福門"のカフェなんでそこらへんちゃんとしてないと困るんですけどね。

お食事以外にも中国カフェということで、おいしい中国スイーツもたくさん取り揃えられています。

今回はお粥でお腹いっぱいになったのでスイーツはまた今度。

ここ、Cafe Shofukumon(招福茶楼)は大勢の観光客でにぎわっている横浜中華街の中で、ほっと一息休めるおすすめの中国カフェです。

≪お店データ≫
◆Cafe Shofukumon(招福茶楼)(横浜中華街のページ)
住所:横浜市中区山下町148
電話番号:045-211-0141
営業時間:10:00〜21:00(LO.20:30)
定休日:無休
アクセス:みなとみらい線 元町中華街駅より徒歩5分

2008年06月22日

トレッサ横浜のスティックケーキ専門店「36 STICKS」のおいしいスティックケーキ 4

トレッサ横浜を歩いていたらスティックケーキの専門店なるものが目につき、お店を覗いてみるととてもおいしそうなケーキがいくつも並んでいたので試しに買って帰ることにしました。

トレッサ横浜のスティックケーキ専門店「36 STICKS」

お店はトレッサ横浜南館1階にあります。

トレッサ横浜のスティックケーキ専門店「36 STICKS」のメニュー

お店の名前の通り36種類ものスティックケーキが取り揃えられています。
こんなにたくさんの種類があるのでどれを買おうかかなり迷ってしまいました。

トレッサ横浜のスティックケーキ専門店「36 STICKS」のケーキ

実物はこんな感じでずらりと並べられています。
う〜ん、どれもおいしそうでますます迷ってしまいます。

トレッサ横浜のスティックケーキ専門店「36 STICKS」のケーキ

迷ったあげく買って帰ったのがこちらの4つ。
奥から栗モンブランチーズケーキ、クラシックショコラ、苺のモンブランチーズケーキ、りんごのキャラメリゼです。

食べる前は普通のケーキに比べると簡単に作られていていそうで味的にはどうなんだろう?と思っていたのですが、これが意外とひとつひとつがしっかりと作られていてどれもおいしいです。
まあ、スティックケーキと言っても元は大きく作ったものをスティック状にカットしているだけなんですけどね。

スティック状だとそれぞれが小さいので一度にいろいろな種類をたくさん買って食べ比べてみる楽しみがあるのもいいところ。
大人数へのお土産なんかにとてもいいかもしれません。

トレッサ横浜以外にも全国にお店があるのでお近くのお店で是非どうぞ。

≪お店データ≫
◆36 STICKS トレッサ横浜店(ホームページ)
住所:横浜市港北区師岡町700番地 トレッサ横浜南棟1F
電話番号:045-547-1031
営業時間:10:00〜21:00
定休日:トレッサ横浜の営業日に順ずる
アクセス:綱島駅、鶴見駅、新横浜駅、日吉駅よりバス

2008年06月21日

トレッサ横浜に出店した大阪の有名お好み焼き屋「鶴橋風月」 5

先日、トレッサ横浜へ行った際に「鶴橋風月」というお好み焼き屋を見つけ入ってみることにしました。

トレッサ横浜に出店した大阪で有名なお好み焼き屋「風月」

どこかで名前を聞いたことがあるお店だな〜っと思っていたのですが、やはり本場大阪で有名な老舗のお好み焼き屋でテレビや雑誌などで多数取り上げられてるお店のようです。
これは期待が高まります!

そんなお店のメニューがこちら。

トレッサ横浜に出店したお好み焼き屋「風月」のメニュー

細かくて分りづらいかと思いますが、お好み焼き、モダン焼き、焼きそば、一品料理などなど豊富なメニューが取り揃えられています。

今回はお好み焼きと焼きそばから一品ずつ注文することにしました。

まずはお好み焼きのえび・ぶた玉です。
レギュラーサイズが1,000円、ラージサイズが1,080円となっています。
(レギュラーとラージで80円しか差がないのがすごい。。。)

トレッサ横浜に出店したお好み焼き屋「風月」のお好み焼き

お好み焼きは自分で焼くのではく、店員さんが目の前の鉄板で焼いてくれるスタイルです。
自分で焼くのも楽しいですが、コツがありそうなのでプロに任せてみるのもいいもんです。

トレッサ横浜に出店したお好み焼き屋「風月」のお好み焼き

手際よく焼いてもらい完成したのがこちら。
マヨネーズとソースの絡み具合が最高です!

食べてみるとふんわりやわらかでおいしい!
キャベツがたくさん入っているせいか生地がギュッと締まっておらず、やわらかく軽い口当たりになっています。
お好み焼きってだいたい想像がつきますがここのお好み焼きは特徴があって意表をつかれました。

そしてもう一品。
焼きそばからエントリーされたのはねぎマヨ塩そば。
小が920円、大が1,150円です。

トレッサ横浜に出店したお好み焼き屋「風月」の焼きそば

この焼きそばがまたうまい!
特に気に入ったのが麺。
太麺でもちもちした麺がとにかくおいしいのです。
塩焼きそばなのであっさりしていてしつこくなく、麺そのもののおいしさを味わえる一品かと思います。

さすが、本場大阪で人気を得ているお店だけあります。
これは何度も通っていろんなメニューを食べてみたいお店ですね。

是非そんな本場のお好み焼きをここトレッサ横浜でいただいてみてはいかがでしょう?

≪お店データ≫
◆鶴橋風月 トレッサ横浜店(ホームページ)
住所:横浜市港北区師岡町700番地 南棟2F
電話番号:045-533-5086
営業時間:11:00〜23:00 ラストオーダー 22:00
定休日:トレッサ横浜の営業日に順ずる
アクセス:綱島駅、鶴見駅、新横浜駅、日吉駅よりバス

2008年06月18日

横浜大倉山のおいしいベーカリー「ブーランジェリー パリゼット」 4

東急東横線大倉山駅にあるベーカリーと言えば最近できたTOTSZEN BAKER'S KITCHENが有名ですが、それ以外にもおいしいベーカリーがあるのです。

それは「ブーランジェリー パリゼット」というお店です。

大倉山のおいしいパン屋「ブーランジェリー パリゼット」

東急東横線大倉山駅の改札を出て目の前の道路を右に進んでいきます。
10分ぐらい歩くと商店街を抜けてマンションが目立つ住宅街になるのですが、そんな住宅街の1階にお店はあります。

大倉山のおいしいパン屋「ブーランジェリー パリゼット」のパン

買って帰ったパンはこちら。
お昼過ぎぐらいに行ったのですが、結構売り切れているパンが多かったです。
かなり人気のあるパン屋みたいでタイミングが悪いとお目当てのパンに出会えないようです。

まあ、今回は初めてだったので特にお目当てというものはなかったのですが、売り切れになった商品の札を見るとおいしそうなのがいっぱい!
もちろん今回買って帰ったパンもとてもおいしかったんですが、他にもまだまだ食べてみたいパンがたくさんあったので、なんとしてもリベンジしようと思います。

それにしても大倉山駅はおいしいパン屋がそろっていていいところですね〜。
パン好きにはたまりません。

≪お店データ≫
◆ブーランジェリー パリゼット(食べログのページ)
住所:横浜市港北区太尾町1115
電話番号:045-479-9267
営業時間:8:00〜19:00
定休日:月曜日、第1火曜日
アクセス:東急東横線大倉山駅より徒歩10分

2008年06月17日

横浜市港北区の日吉にある無添加スープがおいしいラーメン店「ひよし家」 4

東急東横線日吉駅西口から徒歩3分のところにあるラーメン店、その名も「ひよし家」に行ってきました。

まだここらへん一帯は未開拓でどんなお店があるかわからなかったので、手始めにラーメンでも食べに行こうかということでネットで検索して見つけたお店です。

横浜市港北区の日吉にあるラーメン店「ひよし家」

お店は浜銀通りという商店街を進み、日吉郵便局の手前を右折したところにあります。

店頭は妙に静かで、あれ?ここ営業してるのかな?と思ってしまいましたが、恐る恐る扉を開けて中に入ってみるとなんとお店は満員。
しかも待っているお客さんが一組いました。
客層を見ると高校生や家族ずれが多くいたので、地元の方には結構有名なラーメン店なのかもしれません。
(私が知らなかっただけかもしれませんが。。。)

お店に入ったタイミングがよかったせいか、5分ほどで席に着くことができ早速注文。

横浜市港北区の日吉にあるラーメン店「ひよし家」の特製らー麺

今回注文したのはこちらの特製らー麺です。
煮玉子、焼豚、メンマ、白髪ネギ、青菜、のりなどの具が入った醤油ラーメンです。
お値段750円。

ここのラーメンの特徴はなんといってもシンプルでありながら完成度が高いこと。
細麺に醤油スープという定番のラーメンですが、その透き通った醤油スープの味が非常に奥深くおいしいです。
だしの旨みと醤油が見事に調和していい味になっています。
そんなスープは化学調味料を使用していない無添加スープとのことです。

麺に関しては個人的には太面が好きですが、このような醤油ラーメンにはやっぱり細麺がよく合いますね。
麺とスープの相性もバッチリです。

その他メニューには塩、味噌、つけ麺やご飯ものとセットになったものなどがあります。
カレー丼、そぼろ丼、牛すじ丼などとセットにできるメニューは特に人気があるようで、店内にいた食べ盛りの高校生達はみなさんこのメニューを頼んでいました。
モンゴル産岩塩を使用した塩味や、信州合せ味噌ベースにブレンドした味噌味も気になるので今度行った時に食べてみたいと思います!

こってり系ラーメンが流行っている中、あっさり系ラーメンで直球勝負するそんなラーメン店「ひよし家」
是非一度ご賞味あれ。

≪お店データ≫
◆ひよし家(Yahoo!グルメのページ)
住所:横浜市港北区日吉本町1-4-21
電話番号:045-561-8006
営業時間:11:30〜15:30、18:00〜21:00
定休日:不定休(日曜、祝日はお昼の営業のみ)
アクセス:東急東横線日吉駅西口より徒歩3分

2008年06月16日

みなとみらいの横浜赤レンガ倉庫で食べる横濱馬車道アイス 4

先日、みなとみらいにある横浜赤レンガ倉庫でおいしそうなアイスクリームショップを見つけたので食べてみることにしました。

横浜赤レンガ倉庫のYOKOHAMA BASHAMICHI ICE

YOKOHAMA BASHAMICHI ICE(ヨコハマバシャミチアイス)というお店で、その名の通り、日本のアイスクリームの元祖である横濱馬車道アイスを食べられるお店です。
お店は2号館の1Fにあります。

6種類ほどのアイスがあり今回は以下の2つを購入。

みなとみらい横浜赤レンガ倉庫の横濱馬車道アイス

左がさくらで、右がいちごをパフェ風にアレンジしたものです。
ここ、横浜赤レンガ倉庫の横濱馬車道アイスは、卵黄、牛乳、砂糖のみで作られた昔のアイスクリームを再現して作られているそうで、巷によくあるアイスクリームとはひと味違ったお味になっています。
乳脂肪分が少ないため、非常にあっさりした味で食感もシャリッとした感じです。

さくら味のアイスクリームは上に最中がのっていてこの最中と一緒に食べることでさらにあっさりした風味になります。
このコンビネーションはかなりの美味!

いちごの方は逆に、クリームをのせ濃厚な味わいがプラスされています。
生のいちごの程よい酸味もいいアクセントになっています。

現代風にアレンジされたこの横濱馬車道アイス。
この夏そんなちょっと変わったアイスクリームはいかがでしょう?

≪お店データ≫
◆YOKOHAMA BASHAMICHI ICE(ヨコハマバシャミチアイス)(ホームページ)
住所:横浜市中区新港1-1-2 1F
電話番号:045-650-8707
営業時間:11:00〜20:00
定休日:横浜赤レンガ倉庫に順ずる
アクセス:
 JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
 JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
 みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分
  「みなとみらい駅」より徒歩約12分

2008年06月14日

【期間限定情報】横浜八景島シーパラダイスで開催中!2万株のあじさいの花が咲き誇る「あじさい祭」 4

横浜八景島シーパラダイスで開催しているあじさい祭へ行ってきました。

横浜八景島シーパラダイスの入り口

横浜八景島シーパラダイスのあじさい祭

このあじさい祭は八景島島内にある2万株のあじさいを観賞できるイベントです。
今年で9回目。
県内最大級のあじさいスポットとなっていて結構有名なイベントになっているようです。

横浜八景島シーパラダイスのあじさい1

横浜八景島シーパラダイスのあじさい2

島内の通路のいたるところにあじさいの花が咲いていて、そんなあじさいロードを歩いていきます。
このあじさい祭ではスタンプラリーも実施していて、ところどころにおいてあるスタンプをすべて押すとかわいいあじさいの根付けがもらえたり(先着平日500名、土日1,000名)、フリーパスの割引購入特典などがあります。
ちなみに私は午後15時過ぎにスタンプラリーを終えたのですが根付のプレゼントは終了してました。。。

そんなあじさい祭でみつけた綺麗なあじさいの写真を掲載します。

横浜八景島シーパラダイスのあじさい3

横浜八景島シーパラダイスの白いあじさい

横浜八景島シーパラダイスの青いあじさい

横浜八景島シーパラダイスのピンクのあじさい

22種類もの品種が咲いていて見ていて飽きることがありません。
本日(6月14日)の段階ではまだ5分先程度でしたが、これから満開に向けよりいっそう綺麗なあじさいを見られるかと思いますので、お散歩がてら行ってみてはいかがでしょう。

≪イベントデータ≫
◆八景島あじさい祭(ホームページ)
開催場所:横浜八景島島内
開催期間:6月7日(土)〜29日(日)
参加料金:無料
住所:横浜市金沢区八景島
電話番号:045-788-8888

北海道の人気スープカレーのお店「Asian Bar RAMAI(ラマイ)」が横浜関内に出店! 5

先日、雑誌で見つけたスープカレーのお店へ行ってきました。

お店の名前は「Asian Bar RAMAI(ラマイ) 横浜スタジアム前店」
なんでも北海道で人気のスープカレーのお店だそうで、札幌、旭川、函館、小樽にもお店があります。
そんな中、突如横浜に進出!
期待しながらお店がある横浜関内へ向かいました。

横浜関内のスープカレーの店「Asian Bar RAMAI(ラマイ)」

「ラマイ 横浜スタジアム前店」は横浜スタジアムの向かいにあるビルの地下1階にあります。
ビルの地下1階ということで入り口は看板が出てるだけ。
これはかなり目立ちません。
と言うかスープカレーお店って雰囲気がなく、本当にこの店で合っているか不安になるぐらいでした。笑

店内に入ると目立たないだけあってかお客さんがほとんど入っておらず閑散としていました。
う〜ん、ますます不安。。。

なにはともあれまずは注文。

カレーの種類、ご飯の量、辛さが選べるようになっています。

横浜関内の「Asian Bar RAMAI(ラマイ)」の注文方法

今回注文したのは定番のチキンカレーとウダンカレーというエビ天が付いたカレーの2種。
ご飯の量は、S(約150g)、M(約300g)、L(約450g)からMをチョイス。
ちなみにお値段はどれも同じです。
辛さは10段階から選べるようになっていて、3が市販の辛口ぐらいの辛さらしいです。
辛いものはあまり得意ではないので2を選びました。
(3が市販の辛口ってことは10ってどんだけ辛いんだろ・・・?)

注文を終えてしばらく待つといいにおいがただよってきます。

そして運ばれてきたスープカレーがこちら。

横浜関内の「Asian Bar RAMAI(ラマイ)」のチキンカレー

チキンカレー 980円

横浜関内の「Asian Bar RAMAI(ラマイ)」のウダンカレー

ウダンカレー 980円

驚いたのが入っている野菜の豊富さ!
これ野菜カレー?って思ってしまうほどボリュームたっぷりの野菜が入っています。
そんなスープにナシクーニンというインドネシアでポピュラーなライスを浸して食べます。

お、おいしい!!

相当いろいろな香辛料をブレンドしているのかコクがあって旨みが凝縮されています。
これ食べだすと止まらなくなっちゃいます。
個人的には選んだからさもほどよくピリ辛でバッチリ。

そんなカレースープに煮込まれたチキンはやわらかく相性抜群。
エビ天もサクサクした食感とカレースープが絡んで絶妙な味わいになっています。

こんなボリューム満点でおいしいスープカレーが1,000円を切るお値段で食べられるなんてとっても良心的。

スープカレーのお店っぽくない雰囲気に最初は戸惑いましたが、結果的には大満足でした!

「Asian Bar RAMAI(ラマイ) 横浜スタジアム前店」は横浜関内の穴場なお店かもしれません。

≪お店データ≫
◆Asian Bar RAMAI(ラマイ) 横浜スタジアム前店(ホームページ)
住所:横浜市中区住吉町1-1 第3柳下ビル地下1F
電話番号:045-633-2225
営業時間:11:30〜22:00
定休日:年中無休
アクセス:JR根岸線関内駅より徒歩2分

スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives