2008年04月
2008年04月30日

横浜元町にある魚料理がおいしいお店「時遊陣(じゆうじん)」 4


先日、おいしい魚料理が食べたいな〜っと思い横浜元町付近でお店を探していると「時遊陣」というお店を発見したので行ってみました。

横浜元町の飲食店「時遊陣(じゆうじん)」

お店は元町通りから汐汲坂通りへ入ったところにひっそりとあります。
外観は喫茶店風でちょっと変わった雰囲気をかもし出してます。

横浜元町の飲食店「時遊陣(じゆうじん)」のメニュー

一見、ご飯処には見えませんが、店頭にはしっかりとメニューの看板が出ています。
そんなメニューをちらっと見て店内へ。

お昼の時間も結構過ぎていたので空いてるかなっと思いましたが、意外と混雑していて、店員の方も忙しそうにかけまわっていました。

今回は魚を食べるのが目的だったので頼んだ料理はシンプルに刺身定食を注文。
シラス丼も迷いましたが、ここは王道のお刺身かと。

横浜元町の飲食店「時遊陣(じゆうじん)」の刺身定食

ってことでこちらがその刺身定食です。
ここのお店は毎朝早川漁港から仕入れを行っているそうで、お刺身も新鮮でおいしい!
シンプルな料理だからこそ素材の味に違いが出るってもんですね。

そしてもう一品はちょっと変り種。

横浜元町の飲食店「時遊陣(じゆうじん)」のかんぱちの手こね寿司

カンパチの手こね寿司です。
味付けされたご飯の上に漬けにされたカンパチが乗った料理で、初めて食べましたがこれがまた美味。
クセのない味付けが鯛の旨みとマッチして絶妙なお味になっています。
う〜ん、シンプルなお刺身もいいですが、ちょっと手を加えた魚料理ってのもなかなかいけますね。

素朴なお店の素朴な料理といった感じですが、横浜元町で新鮮でおいしい魚料理を食べたい方はここ「時遊陣(じゆうじん)」に足を運んでみてはいかがでしょう。

≪お店データ≫
◆時遊陣(じゆうじん)(食べログのページ)
住所:横浜市中区元町3-141
電話番号:045-641-2224
営業時間:12:00〜15:00、17:30〜22:00
定休日:月曜日
アクセス:
 みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩6分
 JR京浜東北線石川町駅より徒歩6分



2008年04月27日

【期間限定情報】横浜そごうの横浜・神奈川グルメフェスティバルへ行ってきました。 5

前回の横浜ブログの記事で紹介した横浜そごうで開催している「横浜・神奈川グルメフェスティバル」へ行ってきました。

横浜・神奈川グルメフェスティバルの入り口

混雑することを予想して10時の開店に合わせて到着したのですが、最初の10分、20分は空いていたもののあっという間に人だかりになりました。

まず向かったのはパン屋のコーナー。
いろいろな人気のパン屋が出店してます。
1番奥にあった「足柄麦神 麦師」というパン屋にすごい行列ができていたので興味深々。

横浜・神奈川グルメフェスティバルの足柄麦神 麦師

おいしそうだったのでまずはここのお店でパンをいくつかゲットしました。
ちなみにこの「足柄麦神 麦師」は25日(金)〜27日(日)の3日間限定の出店だそうです。

横浜・神奈川グルメフェスティバルの足柄麦神 麦師のパン

買ってきたパンがこちら。
手前にある白いパンは1日50個限定の人気のクリームパンです。
濃厚なクリームがとてもおいしかったです。

お次はカラヘオ ベーカリーというお店へ。

横浜・神奈川グルメフェスティバルのカラヘオ ベーカリー

いろいろな種類のパンがショーケースにずらっとならんでいました。
う〜ん、ここのお店のパンもおいしそう。
だけどこんなに食べられないしな・・・。

横浜・神奈川グルメフェスティバルのカラヘオ ベーカリーのパン

ということでここでは人気のメロンパンのみ購入。
外はサクサク中はふんわりでこちらもおいしかったです。

横浜・神奈川グルメフェスティバルのコティベーカリー

そのほか、野毛にある老舗ベーカリー「コティベーカリー」も出店していてショーケースには人気のシベリアがずらりと並べられていました。

とりあえずパンを購入した後はどんなものが販売されているのかぶらぶら見てまわりました。
イートインコーナーも盛況でなかでもラーメン店「なんつッ亭」はすごくなが〜い行列ができていてビックリ。
みなさん朝からラーメン食べるんですね。。。

横浜・神奈川グルメフェスティバルの巨大月餅

中華のコーナーにはこんな大きな月餅が置かれていました。
この月餅、最終日に切り分けされて先着100名にプレゼントされるそうです。

横浜・神奈川グルメフェスティバルの葉山ホテル 音羽ノ森

一通り見終った後、最後に「葉山ホテル 音羽ノ森」のル・フロマージュというチーズケーキを買って帰りました。

横浜・神奈川グルメフェスティバルのル・フロマージュ

カットするとこんな感じ。
ケーキの底の部分にはクルミが入っていてひと味違ったチーズケーキになっています。
香ばしいクルミの味がいいアクセントになっておいしかったです!

たくさんの人気店が集まっているのでどこで何を買って帰るかほんと迷ってしまいますがとりあえず今回は以上。
ほんとはもっと他にも買って帰りたいものがあったんですけどね。

この「横浜・神奈川グルメフェスティバル」は横浜・神奈川の様々なおいしいものに出会える素敵なイベントでした。
この記事を書いた時点では開催日は残り2日間!
横浜・神奈川のグルメに興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか!

≪イベント情報≫
『横浜そごうの横浜・神奈川グルメフェスティバル』
イベントページ
そごう横浜店ページ
開催場所:そごう横浜店8階催事場
住所:横浜市西区高島2-18-1
開催期間:4月23日(水)〜4月29日(火)
※最終日は18時閉場

2008年04月24日

横浜・神奈川のおいしいものが大集合!横浜そごうの横浜・神奈川グルメフェスティバル 5

横浜・神奈川グルメフェスティバルのチラシ

まだ、行ってきたわけではないので小ネタですが、4月23日(水)〜4月29日(火)の期間、横浜そごう8階の催事場で「横浜・神奈川グルメフェスティバル」なるものが行われています。
この、「横浜・神奈川グルメフェスティバル」とは、横浜ウォーカー創刊10周年と横浜開港150周年を記念したイベントで、横浜ウォーカーが10年間で特集した飲食店を横浜そごうに集めるという物産展です。

出展するお店のジャンルは様々で、フレンチ、イタリアン、中華、和食などのお食事から洋菓子、和菓子などのスイーツ、ベーカリーから農産物などなど、横浜・神奈川の人気店が勢ぞろいしているそうです。

ほんとおいしそうなものがたくさんあるのでこれはなんとしても行っておきたいところ!

と言うわけで、今週末にでも行ってこようかと思います。

≪イベント情報≫
『横浜そごうの横浜・神奈川グルメフェスティバル』
イベントページ
そごう横浜店のページ
開催場所:そごう横浜店8階催事場
住所:横浜市西区高島2-18-1
開催期間:4月23日(水)〜4月29日(火)
※最終日は18時閉場

2008年04月21日

横浜青葉区にある海外の菓子コンクールで優勝したパティシエのいる洋菓子店「デフェール」 5

先日、雑誌を見ていたらとてもおいしそうな洋菓子店を見つけたので早速行ってみることにしました。

場所は横浜青葉区のたまプラーザ駅付近。
この辺はほとんど行ったことがなく未開の地だったので新鮮な気分になりました。
青葉区も結構気になるお店がごろごろと眠っていそうですね〜。

さて、目的のお店はというと、たまプラーザ駅から徒歩約3分、イトーヨーカドーのすぐ隣にある「デフェール」という洋菓子店です。

たまプラーザの洋菓子店「デフェール」

洋菓子店というともっとこじんまりとしたイメージだったのですが、店内には喫茶スペースもあり広々してます。
ただ、そんな広々したスペースも、当日はかなりのお客さんが来店していてかなり混雑していました。

ここ「デフェール」のシェフ(安食雄二さん)は、ベルギーの菓子コンクール「マンダリン・ナポレオンインターナショナル」で日本人初優勝を遂げた実力の持ち主とのことで、この混雑ぶりも納得です。

店内のショーケースを見ると目にも鮮やかのスイーツがたくさん並んでいます。
これにはほんとどれを買って帰るか悩みました。。。

悩みぬいた結果買って帰ったのはこちら。

たまプラーザの洋菓子店「デフェール」のマンダリンナポレオン

マンダリンナポレオン(630円)

このケーキはベルギーの菓子コンクール「マンダリン・ナポレオンインターナショナル」で優勝した時のものだそうです。
630円はちょっと高いな、、、と思いつつ"優勝作品"との肩書きに負けて買ってしまいました。笑
オレンジの酸味がチョコレートの甘さを引き締めてなんともいえない上品な味わいに仕上がってます。
チョコレートとオレンジって合うもんなんですねー。
文句無くおいしかったです。

たまプラーザの洋菓子店「デフェール」のサオトボ

サオトボ(420円)

噴火口を意味する名前だそうで、まさにチョコレートが噴出しています。
このケーキを食べる時のポイントは軽く温めること。
中のチョコレートがとろけてそれはもう最高においしいです。

たまプラーザの洋菓子店「デフェール」の紅玉りんごのケーキ1

そして最後は紅玉りんごを使ったパウンドケーキ。

たまプラーザの洋菓子店「デフェール」の紅玉りんごのケーキ2

こちらは翌朝の朝食にいただきました。
しっとりしたパウンドケーキの生地に濃厚なりんごの香りと味が楽しめるこれまた珠玉の一品です。

いや〜、ほんとどれもおいしかったです。
たまプラーザ行くのに結構時間かかりましたが、このお店に行くためにたまプラーザまで行くってのは全然アリですね。
そんな価値のあるおすすめ洋菓子店です。

≪お店データ≫
◆デフェール(DEFFERT)(食べログのページ)
住所:横浜市青葉区美しが丘1-5-3
電話番号:045-901-3911
営業時間:
[平日] 10:00〜20:00
[土曜] 10:00〜20:00
[日・祝] 10:00〜20:00
定休日:水曜日
アクセス:東急田園都市線たまプラーザ駅より徒歩3分



2008年04月19日

横浜都築区の住宅街にある厳選素材のおいしいとんかつ屋 4

先日、妙にとんかつが食べたくなり、Webでいろいろとおいしそうなとんかつ屋さんを探していると横浜都築区にある「馬酔木(あしび)」というお店を発見!
なんとも変わった名前のお店ですが、ホームページを見てみるとかなり素材にこだわったお店のようで気になったので行ってみることにしました。

横浜都築区のとんかつ屋「馬酔木(あしび)」

この馬酔木(あしび)というお店は都築の住宅街の中にポツンとあり、なぜにこんなところとんかつ屋?と思うほど意外なところにあります。
事前にホームページで詳細に行き方をリサーチしていたので迷うことはほとんどなかったのですが、下調べしないとなかなか見つからないと思います。

店内はカウンター4席、テーブル3席、お座敷1席とかなりこじんまりとしています。
お昼時には混むそうですが、遅めに行ったので並ぶことなく入ることができました。
(駐車場はお店の前に5台ほどのスペースがあります。)

今回注文したのはランチメニューの岩中豚カタロース使用したとんかつランチと串かつとチキンかつの盛り合わせです。

横浜都築区のとんかつ屋「馬酔木(あしび)」のキャベツ

まずはとんかつのお供として定番のキャベツが出てきます。
とんかつ屋で食べるキャベツってなんか妙においしいと思うのは私だけでしょうか?
キャベツだけでもモリモリ食べられちゃいます。

横浜都築区のとんかつ屋「馬酔木(あしび)」のとんかつランチ

そしてこちらがメインのとんかつランチ。

横浜都築区のとんかつ屋「馬酔木(あしび)」の串かつ

串かつとチキンかつの盛り合わせです。
それぞれ1,050円となっています。

食べてみるとお肉の味がしっかりあっておいしい。
さすが、徹底した品質管理のもとで飼育された岩中豚!
今まで食べたとんかつとは一味違います。

また、とんかつなのに油のしつこさが全然ありません。
最高級100%植物油を使っているとのことで油にもこだわっているようです。

横浜都築区のとんかつ屋「馬酔木(あしび)」のコーヒー

最後はコーヒーで一服です。
これで1,050円とはなかなかリーズナブルじゃないでしょうか。

普通のとんかつに飽きたらこんなこだわりのとんかつはどうでしょう?

≪お店データ≫
◆馬酔木(あしび)(ホームページ)
住所:横浜市都筑区高山14-5 エスパシオ高山
電話番号:045-941-9544
営業時間:
 11:30〜14:00 (L.O.) 閉店15:00
 17:30〜20:30 (L.O.) 閉店21:30
定休日:火曜日・第3水曜日
アクセス:横浜市営地下鉄 ふれあいの丘駅下車 徒歩5分



2008年04月16日

堂島ロールで有名なモンシュシュのこれまたおいしいプリン 5

今回は横浜の隣町川崎の情報をお届けします。

行ってきたのは以前ここのブログで紹介したラゾーナ川崎にある「Mon chouchou(モンシュシュ)」という洋菓子店です。
(以前の記事はこちら⇒『ラゾーナ川崎の堂島ロールは美味です。』)

このモンシュシュは大阪に本拠地を構える洋菓子店で、堂島ロールというロールケーキが有名です。
神奈川県での店舗は今のところラゾーナ川崎のみで、堂島ロールを求めて長蛇の列ができていることもしばしばあります。

堂島ロールで有名な洋菓子店「モンシュシュ」

お店はラゾーナ川崎2階の広場前にあります。
(「Mon chouchou with TRAVEL CAFE」として展開してます。)

写真の右に写っている人だかりが堂島ロールを求めて並んでいる方たちです。
以前は整理券を配って対応していたのですが、現在は普通に並んで購入できるようになっているようです。

一度この堂島ロールは味わっているので、今回は何か違うものを買って帰ろうと思いプリンを買って帰ることにしました。

堂島ロールで有名な洋菓子店「モンシュシュ」のプリン1

プリンの名前は「ぼくのプリン」
2種類あってプレーンと紅茶です。

堂島ロールで有名な洋菓子店「モンシュシュ」のプリン2

ふたを開けるとこんな感じ。

この「ぼくのプリン」の特徴は上層部分に生クリームがのっていること。
厳密に言うと、この生クリームは後からのせたものではなく、秘密の配合によって焼いているうちに自然と分離されるんだとか。

食べてみると、この生クリームがとってもおいしい!
あっさりしているかと思いきや、バニラビーンズの香りがしっかりとついていて非常にコクがあるクリームに仕上がっています。
この生クリーム部分と下層のなめらかなプリン部分を一緒に食べることで、ただのなめらかプリンとは違った、風味豊かで味わい深いプリンになります。

なめらかプリン自体はわりといろいろなお店で売られていますが、ここモンシュシュのプリンは工夫を凝らした一味違うプリンでした。

堂島ロールもおいしいですが、この「ぼくのプリン」もあなどれません!

≪お店データ≫
◆モン シュシュ with トラベルカフェ ラゾーナ川崎プラザ店(ホームページ)
Mon chouchou(モンシュシュ)のページはこちら
住所:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ2F
電話番号:044-874-8237
営業時間:
 平 日10:00〜23:00
 土曜日10:00〜23:00
 日祝日10:00〜23:00
定休日:無し
アクセス:JR川崎駅から徒歩1分ぐらい



2008年04月14日

東急東横線大倉山駅にある和菓子店「青柳」のおいしい伝統和菓子 5

先日大倉山へ行った際においしそうな和菓子を発見したので買って帰ることにしました。
そんなおいしそうな和菓子のお店は「青柳」というお店です。

大倉山の和菓子店「青柳」

東急東横線大倉山駅の改札を出て商店街の道を左に行くとすぐに見つかります。

今回買って帰った和菓子がこちら。

大倉山の和菓子店「青柳」の串だんご(梅)と梅最中

梅あんの串だんごと梅最中です。
後から知ったんですが、この梅最中は名誉総裁賞受賞の栄誉ある和菓子だそうです。
ホームページを見るとTVチャンピオンでも紹介されたとの記載があるのでちまたでも有名な和菓子みたいですね。

大倉山の和菓子店「青柳」の梅最中

梅最中は白梅、紅梅、寒梅の3種類あって、それぞれ以下のように説明されています。
白梅:丹波産の栗を白餡に練り上げ、風味豊かで上品な味わい。
紅梅:白餡に梅肉を入れ練り上げ、大倉山の香りと味を楽しめる一品。
寒梅:厳選された丹波産大納言を丹念に練り上げた贅沢な逸品。

食べてみるとこれがまたおいしいのなんの。
甘すぎない上品な味に仕上がっていて3種それぞれの特徴を余すことなく味わえます。
普段あまり最中って食べることなかったのですが、これはほんとおいしい!
さすが賞を獲るとるだけのことはります。

串だんごの方もほのかに梅のしょっぱさが残る餡がやわらかいだんごによくあってこれまたおすすめです。

お茶と一緒に食べるとホッと落ち着きます。
たまには和菓子で一服もいいもんですね。

≪お店データ≫
◆青柳(ホームページ)
住所:横浜市港北区大倉山1-2-8
電話番号:045-531-0407
営業時間:9:00〜20:00
定休日:月曜日
アクセス:東急東横線大倉山駅より徒歩1分



2008年04月12日

東京の人気ラーメン店「せたが屋」が横浜鶴見に進出! 5

今年の2月に東京の人気ラーメン店「せがた屋」が横浜鶴見に新店舗をオープンしたとの情報をキャッチ!
せたが屋というラーメン店は名前は聞いたことがありましたが、実際には行ったことがなかったので早速行ってみることにしました。

横浜鶴見にオープンしたラーメン店「せたが屋 京急鶴見店」

オープンしたお店は京急鶴見駅店。
京急鶴見駅東口の前にある歩道橋の下にあります。
正面から見るとちょうど歩道橋の階段に隠れてしまっていてちょっとわかりづらいかもしれません。

混んでることを予想してお昼の時間を少し後ろにずらして行きましたがやはり行列ができてました。
店内にも行列は続いておりだいたい10人ぐらいが並んでいました。
ちなみに席はカウンターのみの16席となっています。

店内で食券を購入し、まつこと15分少々。
席につき頼んだラーメンが出てきました。

横浜鶴見のラーメン店「せたが屋 京急鶴見店」のせたが屋ラーメン

1番人気のせたが屋ラーメンです。

チャーシュー3枚、四万十川あおさのり、半熟味付け玉子がトッピングされています。
麺は中細ちぢれと極太平打ち麺の2種から選ぶことができ、今回は中細ちぢれにしてみました。

スープは魚介とトンコツのダブルスープとのことで、最初に一口飲んでみるとその深い味わいに驚かされます。
素材の旨みが凝縮されたといった感じで、一口味わうだけでこのスープは様々な素材を使って作られているんだな〜っと気付かされます。

魚介系の"あっさり"とトンコツ系の"こってり"を見事に融合したラーメンになっていて非常に満足できるおいしいラーメンでした。

これは並んででも食べておきたいラーメンですね。

≪お店データ≫
◆せたが屋 京急鶴見駅店(ホームページ)
住所:横浜市鶴見区鶴見中央1-30-22
電話番号:045-502-6589
営業時間:11:00〜23:00
定休日:なし
アクセス:京急鶴見駅より徒歩1分



2008年04月10日

横浜山手の山手十番館で食べる絶品本格フランス料理 5

前々から一度行ってみたかった横浜山手にある山手十番館で食事をしてきました。
しかも今回は珍しくディナーです。

山手十番館は外人墓地の前にあるグリーンの建物です。
かなり目立つ建物なので外人墓地のあたりに行ったことがある方は一度は目にしているかと思います。

横浜山手十番館の外観

夜はライトアップされていてとても綺麗です。
う〜ん、いい雰囲気です。

店内の1階はカフェになっていて、2階がフランス料理のレストランになっています。

横浜山手十番館の料理長推薦料理メニュー

今回頼んだのは料理長推薦料理というコースメニューです。
テーブルにはここ山手十番館の絵が描かれたコース料理のメニューが置かれています。

そんなコース料理はこちら。

横浜山手十番館のアミューズグール

アミューズグール

横浜山手十番館のホワイトアスパラガスのフラン

ホワイトアスパラガスのフラン フォワグラのソテー ポートワインソース添え

横浜山手十番館の木の子のコンソメスープ パイ包み焼き

木の子のコンソメスープ パイ包み焼き

横浜山手十番館の舌平目のポンヌ・ファム風

舌平目のポンヌ・ファム風

横浜山手十番館のグラニテ

グラニテ

横浜山手十番館の黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

横浜山手十番館の自家製パン

自家製パン

横浜山手十番館のデザート

本日のデザート

最後にコーヒーと小菓子が付きます。

ほんとどれもおいしかったですが、中でも絶品だったのはメインの黒毛和牛ホホ肉の赤ワイン煮込みです。
ナイフの力をほとんど入れずにスーっと切れる柔らかいホホ肉に上品な赤ワインのソースがとってもよく合います。
これはほんといいもの食べたな〜っと思わせる一品です。

このコースでお値段8,000円
お値段はなかなか張りますが、十分満足できるコース料理でした。

一度は行っておきたい横浜の老舗レストランです!

≪お店データ≫
◆山手十番館(ホームページ)
住所:横浜市中区山手町247
電話番号:045-621-4466
営業時間:
 11:00〜21:00(L.O.20:30)
 ランチ 11:00〜15:00
定休日:月曜(GW、夏期、冬期を除く、月曜が祝日の場合は翌日)
アクセス:
 JR石川町駅南口より徒歩15分
 みなとみらい線元町中華街駅より徒歩8分



2008年04月08日

【期間限定情報】横浜赤レンガ倉庫の広場が花でいっぱい!「フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫」 4

2008年3月20日(木)〜4月20日(日)のあいだ横浜赤レンガ倉庫の広場で毎年恒例となった「フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫」が開催されています。
この「フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫」はイベント名のとおり、横浜赤レンガ倉庫の前にある広場が綺麗な花畑になります。

フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫の看板

去年も観に行きましたが、やっぱりこの時期こういった春を感じるイベントってのはいいもんですね〜。

フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫の全景

当日は天気もよくたくさんの人でにぎわっていました。
周囲には花のいい匂いがたちこめていてほんと春を満喫できます。

フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫の花畑

こんな絨毯のような花畑や、

フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫の風景

横浜赤レンガ倉庫を背景に綺麗な花を観賞できます。

今年は横浜開港150周年のカウントダウンイヤーとのことで、“出航”をテーマに地球や灯台、錨などをモチーフにして8つのテーマで花が飾られているそうです。
その花の数は45種類・約14万7千輪!
横浜みなとみらいでこれだけの花を観られるのは今だけじゃないでしょうか。

4月20日(日)までなので是非横浜赤レンガ倉庫と花畑のコラボレーションを観に行ってみてはいかがでしょう?

≪横浜赤レンガ倉庫のイベント「フラワーガーデン in 横浜赤レンガ倉庫」≫
◆横浜赤レンガ倉庫(ホームページ)
開催場所:横浜市中区新港1-1-1 横浜赤レンガ倉庫イベント広場
期間:3月20日(木)〜4月20日(日)
時間:24時間展示(ライトアップ 日没〜24:00)
料金:無料
お問い合わせ:045-227-2002

スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives