2007年09月
2007年09月30日

横浜シアルで食べるおいしいお蕎麦「山都屋」のきざみ鴨せいろ 5


某雑誌でおいしそうなお蕎麦屋さんを見つけたので行ってみることにしました。
今までは蕎麦よりうどん派だったのですが、ここ最近妙においしい蕎麦に敏感に反応するようになってきて、今回も期待をもって行ってきました。

お店は横浜シアルの6階にある山都屋(さんとや)です。

横浜シアル6Fの蕎麦屋「山都屋」入り口

横浜シアルの6階は普段あまり来たことないんですが、結構いろいろなお食事処があるんですね〜。
他にも気になるお店がいくつかあったので今度チェックしてみようと思います。

そんなこと思いながら周りを見回してみると早速目的の山都屋を見つけたので入店します。

横浜シアル6Fの蕎麦屋「山都屋」の店内

やはりお蕎麦屋さんだけあって店内のテイストは純和風です。
ちなみにこのお店、夜は蕎麦居酒屋として営業しているそうです。

さて、今回ここ山都屋で食べたかったメニュー「きざみ鴨せいろ」を注文します。

横浜シアル6Fの蕎麦屋「山都屋」のおいしいきざみ鴨せいろ

しばし待つこと数分。
こちらが注文した「きざみ鴨せいろ」です。

温かいつけだれにきざんだ鴨が入っているのが特徴となっています。
そして、食べてみるとこれがまたおいしいのなんの。
つけだれに鴨のダシがしっかりでていて、コシのある蕎麦にとってもよく合います。
また、このつけだれは蕎麦湯で割っても絶妙なうまみがあり、食後のスープとしておいしくいただけます。

う〜ん、やっぱり蕎麦っていいかも。
っと思わせる一品に出会いました。

このきざみ鴨せいろはおすすめです!

≪お店データ≫
住所:横浜市西区南幸1-1-1(横浜シアル6階)
電話番号:045-314-2005
営業時間:11:00〜23:00

横浜シアルのホームページ



2007年09月29日

横浜西口の癒し空間 横浜相鉄ジョイナス屋上にある「ジョイナスの森彫刻公園」 3

みなさんはデパートの屋上って行ったことありますか?

私は今まで全然行ったことがなく、何があるんだろう?なんて考えたことなかったのですが、先日横浜相鉄ジョイナスの屋上に草木が生えた庭園があるとの情報を得たので行ってみることにしました。

屋上に行くにはどのエレベーターで行けばよいのかなかなかわからず苦労しましたが、なんとか屋上行きのエレベーターを見つけ到着しました。

横浜相鉄ジョイナスの屋上「ジョイナスの森」

到着して目に入った風景です。
まさか横浜西口のど真ん中にこんな緑があったとは驚きです。

横浜相鉄ジョイナスの屋上「ジョイナスの森」石碑

この庭園の名前は「ジョイナスの森彫刻公園」
なんだか箱根になる彫刻の森を思わせるネーミングです。
彫刻の森と言えばこの庭園、アートなオブジェもいくつか展示してあります。

横浜相鉄ジョイナスの屋上「ジョイナスの森」にあるオブジェ

アートなオブジェの後ろに高島屋のロゴがある妙に違和感のある風景。
っていうか、この高島屋のロゴが間近で見るとこんなに大きいんだ〜っとそっちに注目しちゃったりします。

横浜西口は狭い場所に人が多くあまりゆとりのある場所がない気がしますが、この横浜相鉄ジョイナスの屋上に行けば心休まること間違いなしです。

特に何かおもしろいものがあるというわけではありませんが、お弁当を持って青空のもと食べたりするのにはおすすめの場所です。

≪営業案内≫
住所:横浜市西区南幸1-5-1
電話番号:045-319-2438
営業時間:10:00〜18:00(3月〜9月)/10:00〜17:00(10月〜2月)

横浜相鉄ジョイナス

2007年09月26日

ららぽーと横浜にある洋食屋さん「キタグリル パレット」の絶品包み焼きハンバーグ 4

ららぽーと横浜内の洋食レストラン「キタグリル パレット」に行ってきました。

普段ららぽーと横浜へ来るとお食事はだいたいフードコートの「フォーシュン」で済ますことが多かったのですが、たまには違うとこも行ってみようということになり、「キタグリル パレット」を選びました。

ららぽーと横浜「キタグリル パレット」の入り口

この「キタグリル パレット」は包み焼きハンバーグをメインとして展開してる洋食レストランで、関東圏ではららぽーと横浜店しか出店していないようです。
ちなみにお店の場所はららぽーと横浜の3階です。

ということで、今回注文したのはおすすめの「緑黄色野菜とベーコンの包み焼き ハンバーグ 」です。

ららぽーと横浜「キタグリル パレット」の包み焼きハンバーグ

写真は包んであるアルミホイルが開いた状態ですが、店員さんがお料理を持ってきた時の包んである状態がすごいです。
人の顔よりも大きく膨れ上がったアルミホイルになんだこれ!?っと一瞬驚いてしまいます。
それを店員さが切ってくれて、写真のような状態になるのです。

ららぽーと横浜「キタグリル パレット」の包み焼きハンバーグ

お肉は100%和牛で作られているそうで、ハンバーグを切ってフォークでちょっと押してみると肉汁があふれ出してきます。
また、上にのったベーコンの旨みがハンバーグと調和してハンバーグの旨みがよりアップしているようでとってもおいしいです。

ちなみにお値段は1,380円。

独特のスタイルで焼き上げるこの包み焼きハンバーグ。
この凝縮されたお肉のおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

≪お店データ≫
住所:横浜市都筑区池辺町 4035-1(ららぽーと横浜 3階)
電話番号:045-414-2418
営業時間:11:00 〜 23:00(ラストオーダー 22:00)

キタグリル パレットのホームページ

ららぽーと横浜のホームページ



2007年09月23日

そごう横浜店で9月30日まで開催中。北海道の物産と観光展でグルメ探訪 5

そごう横浜店の催事場で北海道の物産展が行われているということで早速行ってきました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」

北海道のおいしい食べ物の写真がたくさん載っているこんな折り込み広告が入っていてこれは期待できます。

開催場所はそごう横浜店の8階にある催事場スペースです。
午後いちぐらいにそごうに到着し、エスカレーターであがっていくと早くもかなりの人でいっぱい。

どこに行こうか迷いましたが、まずは腹ごしらえということでラーメンのイートインスペースへ向かいました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」のラーメンイートイン

ついたてで仕切られているかなり簡易的なイートインスペースですが、ここも人でいっぱい。
少し並んで入り口で食券を購入しました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」での伝説の塩ラーメン

注文したラーメンはこちら。
旭川ラーメン「さいじょう」というお店の伝説の塩ラーメンです。
食べてみると、魚貝系のダシが利いているのか、ほんのり甘めの塩ラーメンといった感じで、今まで食べたことのない味でおいしかったです。
早くもなんか北海道っぽいなっという味に出会いました。

ラーメンを食べ終わるとちょうど14時で、この時間から限定のプリンが販売開始されるので売り場へ向かいました。
案の定すごい行列で10分、15分ほど並んでプリンをゲット。
家へのお土産に買って帰りました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」のくりーむはうす

その後は甘いもの食べたいな〜っということで、ソフトクリーム屋さんにGO!

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」でのソフトクリーム

ここで買ったのは牛乳ソフトクリーム。
さすが牛乳ソフトクリームだけあって、味は濃厚な牛乳。
やっぱり、普段食べるソフトクリームとは全然違ってこちらもおいしいくいただきました。

さて、お次は晩御飯。
どうせならここで何か買って帰ろうということでコロッケを買って買えることにしました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」のグリーンズ北見

北海道の玉ねぎを使ったオニオンコロッケや、ズワイガニ、タラバガニ入った豪華なクリームコロッケなどどれもおいしそう。
とりあえず、別々の種類4つほど買ってかえりました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」で買ったコロッケ

家で盛り付けるとこんな感じ。
インパクトがあったコロッケはオニオンコロッケです。
玉ねぎの甘みたっぷりでとっても気に入りました。

そごう横浜店「北海道の物産と観光展」で買ったプリン

そして今夜のデザートは並んで買ったこちらのプリン。
エチュード洋菓子店「ひよこのお昼ねプリン」です。
こちらのプリンは2006年のコンテストでNo.1に輝いたそうで期待大です。

食べてみるとこれがうまい!
正直、ここ最近色々なおいしいプリンが登場しているなか、そこまで大差ないんじゃないかな〜っと思ってましたが、その心はあっさりと覆されました。
舌触りは巷のなめらかプリンのような感じですが、卵と牛乳の味がとても強く、ほんとに味わえるプリンといった感じです。
これ、また買いたくなりました。

他にもスープカレーや、タルト、チーズケーキなど気になる商品がいっぱいあるので
これはまた行くっきゃないです。

みなさんも横浜にいながら北海道の美味を味わってみてはいかがでしょう。
おすすめです!

そごう横浜店のホームページ

2007年09月19日

横浜本牧にある庭園「三渓園」でぶらりお散歩 3

横浜の本牧にある三渓園に行ってきました。

この三渓園というのは、本牧の住宅街と工業地帯にはさまれた一角にある175,000屬猟躅爐如園内には大きな池や京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物が配置されています。

三渓園

木々の緑と池、歴史的な建物がなんとも趣きのある風景をつくりだしています。
まるでここが横浜とは思えない風景です。

三渓園内のかやぶき屋根の家

他にもこんなかやぶき屋根の家があり、家の中を見学することができるようになっています。

三渓園内のかやぶき屋根の家(内部)

ちょっとお邪魔して覗いてみると、昔の純和風な家庭風景を見ることができなんだか妙に落ち着きます。

三渓園の山菜うどん

「私は花よりだんごだわ」という方には園内に茶屋があるので腹ごしらえもバッチリです。
ちなみに私は山菜うどんをいただきました。
他にもおだんごなどの甘物もあって、この自然いっぱいの風景を眺めながら食べればおいしさも抜群間違いなしといった感じです。

普段、人の多いところにお出掛けして疲れている方は、たまにこんな庭園を眺めてリラックスするのもいいものかと思います。

≪三渓園ご案内≫
住所:横浜市中区本牧三之谷58-1
電話番号:045-621-0634
開園時間:9時〜17時(入園は閉園の30分前まで)
休園日:12月29日、30日、31日
入園料金:大人(中学生以上) 500円(400円)、シニア(65歳以上) 300円(300円)
       こども(小学生) 200円(100円)
()内は団体料金 20名以上から団体割引が適用されます。
駐車場:乗用車 駐車時間に制限なく、1利用につき500円
      バス 駐車時間に制限なく、1利用につき1000円

三渓園のホームページ

2007年09月17日

横浜元町近くにあるロールケーキ専門店はいろんなロールケーキがいっぱい 4

先日、横浜元町近くを散歩がてら自転車で走っているとロールケーキ専門のケーキ屋さんを発見しました。

お店の名前は「モトヤ デザート 1.(イチ)ロールケーキ」
以前、ここのブログで紹介した「モトヤ パンケーキリストランテ」の系列店です。

おいしいロールケーキのお店「モトヤデザート」の外観

白を基調にした外観は、お店の横を通った時になんのお店だろう?っとついつい覗いてしまうようなインパクトがあります。

おいしいロールケーキのお店「モトヤデザート」の店内

店内には素材にこだわって作られたロールケーキが17種類もあります。
ショーケースを見ると、どれにしようか迷ってしまってなかなか決められません。
今回は2種類のロールケーキ(切り分けられたもの)を買って帰りました。

おいしいロールケーキ「モトヤデザート」のアプリコットロールケーキ

1つめはアプリコットが入ったロールケーキです。
甘さ控えめのふんわり生地に甘酸っぱいアプリコットがいいアクセントになっていてとってもおいしいです。

おいしいロールケーキ「モトヤデザート」のバナナキャラメルナッツ

もう1つはバナナキャラメルナッツロールケーキです。
こちらはキャラメルナッツテイストのクリームとバナナがそのまま入っている一品です。
キャラメルナッツのクリームとバナナが絶妙にマッチしていてこちらも美味♪

さすがロールケーキを専門に扱っているお店だけあります。
これは何度か通って、その他の種類のロールケーキも食べてみたくなっちゃいます。

お近くにお寄りの際はぜひぜひお土産に買って帰ってはいかがでしょうか。

≪お店データ≫
住所:横浜市中区山下町108-14
電話番号:045-680-0618
営業時間:【平日・土日祝日】10:00〜20:00

モトヤデザートのホームページ



2007年09月14日

横浜中華街の究極の肉まんのお店「雅秀殿」で食べる絶品かき氷 5

先日、ふらりと横浜中華街にかき氷を食べに行ってきました。
なぜに横浜中華街であえてかき氷?っと思うかもしれませんが、食べに行ったかき氷は雪花氷(シェファピン)という台湾のデザートです。

さてさて、横浜中華街に着いたはいいものの特に雪花氷を売ってるお店を調べてこなかったので探さなくてはなりませんでした。
まあ、こういうのはだいたい路面店で売ってるだろうと思って行ったんですけどね。

案の定すぐにお店を発見。

横浜中華街の究極の肉まん「雅秀殿」

"究極の肉まん"をものすごくアピールしている「雅秀殿」というお店です。
肉まんもおいしそうでしたが、ここは目的の雪花氷を注文。

横浜中華街の究極の肉まん「雅秀殿」のマンゴーミルクフラッペ

こちらが、前々から一度食べてみたかった雪花氷です。
やわらかな氷の上に練乳がかかったマンゴーとアイスクリームがのっています。

こういうのって原価が高いマンゴーはケチってちょっとしか入ってないのでは?っと思ってましたが、意外なほどたくさん入っていてこれにはちょっと驚き。
しかもそのマンゴーは甘くてとってもおいしい!
そんなおいしいマンゴーとかき氷とアイスクリームを豪快に一緒に食べると気分も爽快、暑さも吹き飛んじゃいます。

今年の夏ももう終わりですが、このかき氷を一度食べてみることをおすすめします。

≪お店データ≫
住所:横浜市中区山下町191-9-1
電話番号:045-650-5788

雅秀殿のホームページ



2007年09月12日

ららぽーと横浜の癒し系カフェ「ムーミンオーロラカフェ」に行ってきました。 4

前回のららぽーと横浜ネタの続きということで、今回は同じららぽーと横浜内にあるカフェ「ムーミンオーロラカフェ」をご紹介します。

ここのカフェはお店の名前にもあるように、ムーミンの世界観をモチーフにした内装で、フィンランドの料理や北欧地域の料理をいただけるカフェになっています。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェの入り口

お店の入り口はムーミングッズ売り場になっていて、その奥の方にカフェへの入り口があります。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェの店内1

こちらが店内です。
店内は薄暗いですが、照明の使い方が印象的でとっても雰囲気があります。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェの店内2

"ムーミンオーロラカフェ"だけあって、座席にはムーミンが鎮座しております。
ムーミンのキャラクターって今まであまり間近に見る機会がなかったですが、結構かわいいもんです。

そんな店内を一通り見回したあと早速注文です。
今回は15時過ぎに店内に入ったので、軽くグラタンとチーズケーキを食べることにしました。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェのグラタン

こちらがそのグラタン。
こういったテーマカフェのお料理って正直あまり期待していなかったんですが、意外にもしっかりと作りこまれていておいしいではないですかっ!
ペロっと一瞬でたいらげちゃいました。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェのチーズケーキ

お口直しのチーズケーキも人気メニューらしく、ベリーのソースとチーズケーキの相性がバッチリでこちらもおいしくいただきました。

そしてそして、忘れてはならないのがこのカフェの目玉の一つ、プラネタリウムです。
なんと、ここのカフェは店内に7メートルのドーム型スクリーンがあり、決まった時間にプラネタリウムを上映しているのです。

ららぽーと横浜にあるムーミンオーロラカフェのプラネタリウム

特に上映時間を気にして入店したわけではなかったのですが、運良く上映時間と重なって観ることができました。
30分ほどの短いプログラムでこじんまりとはしていますが、カフェでのんびりしながらプラネタリウムを観る、というひと時に心も身体もリラックスできました。

このプラネタリウムの上映時間は結構日によって細かく決まっているようなので、もし狙って観に行く場合はホームページで上映時間をチェックしてから行くことをお勧めします。

この癒し系カフェでのんびりリラックスしてみてはいかがでしょう?

≪お店データ≫
住所:横浜市都筑区池辺町4035-1(ららぽーと横浜2F)
電話番号:045-414-1876
営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

ムーミンオーロラカフェのホームページ

ららぽーと横浜のホームページ



2007年09月07日

ららぽーと横浜のフードコートに入っている老舗洋食屋「ヒルトップ」 4

当ブログで何度かご紹介しているららぽーと横浜のフードコート「フォーシュン」ですが、またまた行ってきました。

ららぽーと横浜のフードコート「フォーシュン」

ここのフードコートは有名店のおいしそうなお料理たくさん集まっているので、何度行っても飽きることがありません。
ららぽーと横浜に行ってお昼時に何を食べるか迷ったらまずここに来ることをおすすめします。

そして、今回選んだお店は洋食屋の「ヒルトップ」というお店です。
ここのお店は開業1954年という老舗で、山の上ホテルがプロデュースするホテルテイストな洋食がいただけるとのことです。

数あるメニューからおすすめのオムライスを注文。

ららぽーと横浜のフードコート「ヒルトップ」のオムライス

ふんわり卵の上に特製デミグラスソースをかけていただきます。
このやわらかい卵とデミグラスソースが絶妙に混ざり合ってなんともまろやかな絶品な味になります。
おすすめメニューだけあって確かにこれはおいしい!
見た目はシンプルですが、押さえるところはしっかり押さえてるって感じです。

スープ、サラダもついていて満足できるお食事となりました。

この老舗洋食屋さんのオムライス、ぜひぜひお試しあれ〜。

≪お店データ≫
住所:横浜市都筑区池辺町4035-1(ららぽーと横浜2F フォーシュン内)
電話番号:045-414-1936
営業時間:11:00〜22:00(ラストオーダー 21:30)

ヒルトップのホームページ

ららぽーと横浜のホームページ


2007年09月04日

横浜ランドマークタワーの展望室「スカイガーデン」から眺める横浜の絶景の夜景 5

先日、久しぶりに横浜ランドマークタワーの展望室「スカイガーデン」へ行ってきました。

横浜ランドマークタワーのスカイガーデン入り口

展望室への料金は大人¥1,000と相変わらずいいお値段ですが、ここに行かなければ見られない景色に出会うため、そんなことは気にせずサクサクとエレベーターに向かいます。

まず、驚くのがここのエレベーターです。
日本最速のエレベーターとのことで、分速は750m!
展望室の273mまでわずか40秒!
はっきり言って、ここで数字の話しても実感わかないと思いますが、乗ってみるとその凄さに驚くこと間違いなしです。
ちなみにエレベーターの動きの滑らかさもポイント。

あっと言う間に着いた展望室からの眺めがこちら↓こちらです。

横浜ランドマークタワー「スカイガーデン」からの夜景

さすが日本一高いビルからの景色です。
横浜みなとみらいのイルミネーションが宝石のように輝いています。

横浜ランドマークタワー「スカイガーデン」からの夜景

こちらは横浜駅方面の夜景です。
ビルからもれた明かりが星くずのごとく輝いています。

横浜ランドマークタワー「スカイガーデン」から見た横浜スタジアム

関内方面を眺めつつ望遠レンズで撮影してみると、こんなに大きく横浜スタジアムが見えました。
ちょっとこの写真だと小さいですが、よく見ると横浜ベイスターズの選手らしき人も写っています。

こんな感じで、ここ横浜ランドマークタワーのスカイガーデンは横浜の名所を余すことなく上空から鑑賞できるのです。

ショッピング帰りにでもちょっと寄って横浜の景色を眺めていってはいかがでしょうか?

≪一般利用のご案内≫
営業時間:10:00〜21:00 [ 最終入場は20:30 ]
入場料:
 大人 … 1,000円
 大人(満65歳以上)… 800円
 高校生 … 800円
 小・中学生 … 500円
 幼児(満4歳以上)… 200円

横浜ランドマークタワーのホームページ

スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives