2007年07月
2007年07月29日

横浜みなとみらいのランドマークプラザで食べるおいしいタルト 4


先日、横浜みなとみらいのランドマークプラザ内を歩いていると、新装オープンで賑わっていたカフェがあったので覗いてみました。

横浜ランドマークプラザ「ラ・メゾン アンソレイユターブル」

どこかで見たことあるな〜っと思っていたら、ルミネ横浜店やららぽーと横浜にも出店している「ラ・メゾン アンソレイユターブル」という名前のお店でした。

何度かルミネ横浜店には行ったことがあってここのタルトがとてもおいしかったのを思い出しました。
ここ横浜ランドマーク店もタルトを買い求めるお客さんでいっぱいになっていました。

横浜ランドマーク「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のタルト

ショーケースには眩いばかりに色とりどりのタルトが鎮座しています。
ここのカフェは白を基調としたアットホームな雰囲気で、店内で食べるのもおすすめですが、今回はあまりのんびりしている時間もなかったので、タルトをテイクアウトすることにしました。

そして買って帰ったタルトがこちら。

横浜ランドマーク「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のタルト

マンゴーが盛りだくさんのタルト。

横浜ランドマーク「ラ・メゾン アンソレイユターブル」のタルト

モモがてんこ盛りのタルト。

マンゴーのタルトはマンゴーとチョコのムースの相性がとってもおいしく、モモのタルトは大きくカットされたモモそのものの味を堪能できてこちらも大満足!

素材を生かしたこれらのタルト、おすすめです!

場所:横浜ランドマークプラザ1F
Tel:045-226-5839
営業時間:11:00-21:00(日〜木)※祝日含む
     11:00-22:00(金・土・祝前日)

ラ・メゾン アンソレイユターブルのホームページ

横浜ランドマークプラザのホームページ



2007年07月27日

入園料無料の動物園「横浜市立野毛山動物園」で癒しのお散歩 3

横浜市立野毛山動物園へ行ってきました。

最寄り駅は京浜急行で横浜駅から2駅の日ノ出町駅です。
日ノ出町駅からは徒歩10分ほどです。

ここの動物園は横浜市が運営していてなんと入園料が無料です。
ふら〜っとお散歩がてら、ちょっと動物でも見ていやされるかーって感じで気軽に行くことができます。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」入り口

っということでふら〜っと入園ゲートをくぐり入園。
無料の動物園なので大したことないんじゃなかとお思いの方もいるかもしれませんが、園内では数多くの動物達に出会えます。

そんな動物達の一部をご紹介。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のレッサーパンダ

人気のレッサーパンダ。
ひたすらグルグル歩いてる姿がとってもかわいいです。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のライオン

ライオンもいます。
貫禄ありますね。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のキリン

これぞ動物園っと思わせるキリンです。
当日は柵にくくり付けられている木の枝の葉っぱをしきりに食べていました。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のフラミンゴ

鳥類も多数います。
こちらはフラミンゴ。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のサル

何ザルだったか忘れましたがひたすら金網に張り付いていました。

横浜日ノ出町「野毛山動物園」のペンギン

ペンギンはかなりの数がいて、泳いだりよちよち歩いたりいくら見ていても飽きません。

ここでご紹介した写真は当然ほんの一部で他にもトラやラクダ、ワニなど様々な動物を見ることができます。

今なら7月14日に公開された赤ちゃんキリンを見ることできるそうです。

この夏休み、家族やカップルで動物園に行ってみるのはいかがでしょう?

横浜市立野毛山動物園のホームページ

2007年07月22日

パンパシフィックホテル横浜の「カフェトスカ」でいただくディナーブッフェ 5

先日、みなとみらいにあるパンパシフィック 横浜ベイホテル東急内のブッフェレストラン「カフェトスカ」に行ってきました。

パンパシフィック横浜のブッフェレストラン「カフェトスカ」

お料理のコースはディナーブッフェです。
ここのブッフェの売りは、キッチンスタジアムと称し何品か決まった料理を目の前でシェフがで調理してくれるというものです。

ただ自分で取り分けるだけでなく、調理したてのものがすぐに食べられるのこの企画は人気らしくお昼のブッフェでも行われているようです。

なんだか目の前にシェフがいるってだけでお料理も自然とおいしく見えて他にはないなかなかよい企画だと思います。

パンパシフィック横浜のブッフェレストラン「カフェトスカ」店内

こちらがブッフェ内の写真です。
この写真ではシェフの姿は見えませんが、当日は3〜4人ぐらいのシェフがいて、ステーキを焼いたり、しゃぶしゃぶやリゾットを作ってくれたりしていました。

カフェトスカは内装も結構凝っていて、やしの木がいくつも設置されていてまるで南国のレストランのようになっています。

パンパシフィック横浜のブッフェレストラン「カフェトスカ」店内

店内からはこのように綺麗な観覧車も見ることができます。

当日のお料理ですが、全体的に魚系のお料理と野菜を使った料理が多かった印象があります。
フルーツトマトのマリネがとってもおいしかったです!

デザートの方もなかなか充実していて、ケーキ、フルーツ、アイスクリームと揃っています。
特にケーキはなくなるとすぐに追加されて、しかもたまに今まで出ていなかったケーキを持ってきたりして掘り出し物に出会うこともあります。

ホテルのレストランのブッフェということもあってか店内は比較的静かでとっても落ち着ける雰囲気です。
綺麗な夜景をみながらおいしい食事ができるここ、パンパシフィック 横浜ベイホテル東急の「カフェトスカ」はおすすめのホテルブッフェです。
優雅な気分に浸れること間違いなしです!

■営業時間
 月〜金曜日 7:00〜11:00/11:30〜15:00/17:30〜22:00
 土・日曜日、祝日 7:00〜11:00/11:30〜16:30/17:30〜22:00

■料金
 月〜金曜日 お1人様 ¥4,620(6〜12歳のお子様は¥2,730)
 土・日曜日・祝日 お1人様 ¥5,565(6〜12歳のお子様は¥2,730)
 ※表示料金は消費税を含み、別途サービス料(10%)が追加になります。

■ご予約・お問い合わせ
 TEL:045-682-2218

カフェトスカのホームページ



2007年07月21日

横浜元町で食べる本格アメリカンベイクドチーズケーキ 5

横浜元町にあるチーズケーキのお店「ザ・ベスト・チーズケークス」へ行ってきました。

お店は元町4丁目の仲通り沿いにあります。
(元町通りから1本山手側に入った通りです。)

横浜元町「ザ・ベスト・チーズケークス」

チーズケーキ専門のお店ってどんなチーズケーキが食べられるんだろう?っと期待に胸を膨らませいざ入店です。

横浜元町「ザ・ベスト・チーズケークス」の店内

白を基調とした店内にはアメリカンな雑貨が飾られていてとってもかわいらしい雰囲気になっています。
この雰囲気はのんびりくつろげることうけあいです。

このお店のチーズケーキのタイプはアメリカンなベイクドタイプとなっていて、専門店だけあってその種類も豊富です。

そんな中選んだチーズケーキがこちら。

横浜元町「ザ・ベスト・チーズケークス」のパイナップルチーズケーキ

ココナッツとパイナップルのチーズケーキです。
ちなみにパイナップルといっているのはこのケーキの脇にあるパイナップルではないですよ。
ちゃんとチーズケーキの中にパイナップルが練りこんであるのです。

これがまたココナッツとの相性抜群でおいしい!
濃厚なクリームチーズと酸味のあるパイナップルの組み合わせもGoodです。

そしてもう一品ご紹介。

横浜元町「ザ・ベスト・チーズケークス」のメープルチーズケーキ

こちらはメープルウォールナッツチーズケーキです。
チーズケーキのチーズに負けないくらいしっかりとメープルウォールナッツの味がついていてこれまた
おいしいです。

この他にも気になるテイストのチーズケーキがたくさんあるので、それらはまたの機会に挑戦したいと
思います。
(その時はまたここのブログで紹介しますね。)

この「ザ・ベスト・チーズケークス」のお店は横浜元町が本店でその他にも、クイーンズ伊勢丹横浜店、
ららぽーと横浜店があります。

お近くのお店でおいしいチーズケーキを味わってみてはいかがでしょうか。

■横浜元町本店
住所:〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町4-161
TEL:045-671-0344
営業時間:11:30〜21:00(無休)
駐車場:無し

ザ・ベスト・チーズケークスのホームページ



2007年07月18日

横浜ベイブリッジのスカイウォークで絶景の空中散歩を楽しんでみませんか? 5

横浜港のシンボルである横浜ベイブリッジですが、実はこの橋の下を歩けるというのをご存知でしょうか。

ベイブリッジが完成した当初は物珍しさに何度か歩いたことがあったのですが、ここ最近はまったく行っていなかったので、
ちょっと行ってみることにしました。

スカイウォークという名称が付いているこの施設は大黒ふ頭側に入り口があり、そこから
ベイブリッジの中央にある展望施設まで歩いていくことができます。

横浜ベイブリッジ

この橋の下についているの丸いのが展望施設です。

横浜ベイブリッジスカイウォーク入り口の塔

この展望施設へ行くにはまず、大黒ふ頭側にあるスカイタワーという塔から階段でスカイウォークの入り口へ向かいます。

横浜ベイブリッジスカイウォークの入り口

塔を上るとこちらの入り口がお目見えします。
ここの入り口で大人の場合入場料600円を払って中へ入ります。
ちなみにこの時駐車券を提示すると駐車料金が無料になります。

中へ入るとエレベーターでさらに上の階に向かいます。
上の階では展望施設へ向かうための通路が続いています。

横浜ベイブリッジスカイウォーク

こちらが展望施設まで歩いていく通路で、ライトアップされていてとっても綺麗です。

横浜ベイブリッジスカイウォークからの眺め

この通路からはみなとみらいが一望できて抜群の眺望です。
まさにスカイウォークといった感じです。
通路の途中にいくつか設置されている望遠鏡が無料で利用できるのも嬉しいところです。

展望施設の中にはちょっとしたラウンジがあるのでお茶を飲みながら綺麗な景色を堪能できます。
(私の場合、夜に行ったので既に営業が終わってましたが。。。)

それにしてもこのスカイウォーク、横浜の中心地から外れた所にあるからか、あまり知られていないせいかわかりませんが、
週末にも関わらず訪れるお客さんが少なく、かなり穴場なスポットになってます。

夜景が素晴らしく綺麗なので夜に行くことをお勧めします。
ブルーに光る横浜ベイブリッジとみなとみらいの夜景を堪能できますよ。

■営業時間

・夏季営業時間
  (4月1日〜9月30日) 月〜木・日 午前10時〜午後8時
  最終入館時刻 午後7時30分
  金・土 午前10時〜午後9時
  最終入館時刻 午後8時30分

・冬季営業時間
  (10月1日〜3月31日) 月〜金・日 午前10時〜午後6時
  最終入館時刻 午後5時30分
  土 午前10時〜午後8時
  最終入館時刻 午後7時30分

・休館日
  毎週火曜日・水曜日
  (当日が祝日の場合は、その翌日) ただし、次の期間は無休で営業いたします。
  ・ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)
  ・夏休み(7月25日〜8月25日)
  ・冬休み(12月23日〜1月6日)
  ・春休み(3月25日〜4月3日)

■入場料金

・個人
  大人:600円
  中学生以下:300円
  65歳以上:300円(※但し証明できるものをご持参下さい。)

・団体
  ※30人以上の団体 大人:540円
  中学生以下:270円

・6歳未満の幼児は、保護者1人につき一人無料
・障害者手帳をお持ちの方とその介添者(1名)は300円。

■アクセス
 横浜スカイウォーク周辺の地図

横浜スカイウォークのホームページ

2007年07月14日

横浜中華街@清風楼で食べるおいしいチャーハンとシュウマイ 5

横浜中華街の清風楼というお店に行ってきました。

横浜中華街「清風楼」の外観

清風楼は昭和20年創業の老舗で、チャーハンとシュウマイが人気のお店とのことです。
なかでもシュウマイは有名でお持ち帰りもできるようになっています。
当日も店内で食べているとぞくぞくとシューマイを買って帰るお客さんが訪れていました。

そんな人気のシュウマイがこちら。
横浜中華街「清風楼」のシューマイ
4個420円です。
ちょっとお高いですが、そのおいしさは抜群です。
ジューシーな肉汁が溢れていてお肉の味もしっかりしています。
これが本場のシュウマイなんだな〜っと納得。

横浜と言えば崎陽軒のシュウマイが有名で、今まではシュウマイと言えば崎陽軒って感じでしたが、ここ清風楼のシュウマイを食べてシュウマイのイメージが変わりました。
いや〜これはおいしいです。

そしてお次はチャーハンです。
横浜中華街「清風楼」のチャーハン
ここのチャーハンは具と量の違いによって並、上、特上の3種類があります。
ちなみに写真は上チャーハン(1,260円)です。
チャーハンで1,260円って高いと思うかもしれませんが、量がかなりあるので上チャーハン1つで2人前といったところです。

ここのチャーハンは海老とチャーシュウが入ったシンプルなものですが、香ばしく炒められたパラパラご飯がいい感じに味付けされていて、こちらもとってもおいしいです!

このチャーハンとシュウマイのコンビで結構お腹いっぱいになります。
豪華な中華コースもいいですが、こういったシンプルで家庭的なメニューもいいものです。
満足感バッチリです!

≪店舗情報≫
住所:横浜市中区山下町190 關帝廟通り
TEL:045-681-2901
営業時間:11:45〜14:30(LO14:00)、17:00〜20:30(LO20:00) 日祝12:00〜20:30(LO20:00)
定休日:木曜日(祝日の場合は前日か翌日)

横浜中華街のホームページ

横浜中華街「清風楼」のページ



2007年07月12日

横浜港大黒ふ頭にある海づり施設(公園)に行ってみました。 3

以前のブログ記事で、横浜港本牧ふ頭のシンボルタワーについて書かせていただきましたが、今回はその対岸の横浜港大黒ふ頭にある海づり施設(公園)をご紹介します。

横浜港本牧ふ頭のシンボルタワーは工場地帯を抜けた先にありましたが、こちらの横浜港大黒ふ頭の海づり公園も同じような工場地帯の隣にあります。
横浜方面から向かうと、国道15号を生麦JCTのところで右に曲がりその道を海に向かってひたすら直進します。

そうすると一面工場地帯になります。
こんなところに公園なんてあるの!?って感じの風景ですがちゃんとあります。

横浜港大黒海づり施設の公園

公園の入り口付近は謎のオブジェが立っていてこんな感じになっています。
この鉄柱みたいなのなんだろうか・・・?

横浜港大黒海づり施設の公園

公園からの眺めです。
ほんと海のすぐ横にあるので遮るものがなくとても眺めがいいです。
横浜港を行き来する大型船などいろいろな船を見ることができます。

横浜港大黒海づり施設の入り口

そしてこちらが海づり施設の入り口です。
この海づり施設とはその名の通り海釣りができる施設です。

横浜港大黒海づり施設からの眺め

有料で左に見えるのつり浅橋に入れるのでここで釣りを楽しむというわけです。
お値段は1日券や回数券があるのですが、1日券の大人1人で900円になります。
(その他詳細料金は下記のリンクをクリックしてホームページで確認してみてください。)

ここ、横浜港大黒ふ頭の海づり施設ですが、平日の夕方に行ったせいかほとんど人おらずシーンと静まり返っていました。
さすがに土日はここまで人が少ないことはないと思いますが、それでもなかなかの穴場スポットかと思います。

横浜港を眺めながら公園でのんびり過ごすもよし、釣りを楽しむもよし、自由な時間を過ごせること間違いなしです!

駐車場も完備されてますが、お近くにお住まいの方はサイクリングがてら自転車で行ってみることをお勧めします。
気持ちいいですよ〜。

横浜港大黒海づり施設のホームページ

2007年07月09日

横浜・八景島シーパラダイスの水族館で癒しの1日 5

横浜・八景島シーパラダイスの水族館に行ってきました。

横浜・八景島シーパラダイスは、横浜市内唯一の海水浴場である海の公園のとなりにある八景島島内にあるアミューズメントパークです。
この横浜・八景島シーパラダイスはジェットコースターなどのアトラクションはもちろん、アクアミュージアムという水族館施設が一体になったアミューズメントパークです。

横浜・八景島シーパラダイス

八景島の中に入るのは無料ですが、水族館の入館料金は以下の通りとなっています。
大人・高校生 / 2,450円
小・中学生 / 1,400円
幼児(4才以上) / 700円
シニア(65才以上) / 2,000円

日本最大級のこの水族館には海の動物達がいっぱいです。

横浜・八景島シーパラダイスのペンギン

人気のペンギンもこんな近くで見れちゃいます。
かわいいですね〜。

横浜・八景島シーパラダイスのクラゲ

こちらは水槽を泳ぐクラゲ。
ついついボケ〜っと見とれてしまいます。
気分も涼しげ。

その他、シロクマやセイウチなどの動物たちや、巨大水槽、トンネル水槽を見物し、最後に見逃してはならないのが海の動物たちのショーです。
これを見ないと水族館に来た気がしません。

っということで、当日は人が多くて混みそうだったので30分ぐらい前に座席を確保しました。
ちなみにショーは1日4〜7回(季節により回数が異なる)行われているそうです。

ここのショーが行われるステージでは結婚式もできるようで、当日もちょうど式が行われていて待ち時間を退屈することなく過ごせました。

そして約35分のショータイムが始まりました。

横浜・八景島シーパラダイスのアシカ

出だしはアシカの曲芸です。
ボールを使ったものから輪投げまで多彩っぷりを披露してくれます。

横浜・八景島シーパラダイスの白イルカ

そして人気の白イルカの登場。
なんとも愛嬌のある顔で会場をわかせてくれます。

横浜・八景島シーパラダイスのイルカ

最後は恒例のイルカのジャンプ。
なんでこんなに高く飛べるんだろう〜っというぐらい力強く華麗なジャンプに圧倒されます。

ここで紹介した写真はごくごく一部で、他にもセイウチが笛を吹いたり、アシカや白イルカが歌ったりと様々なパフォーマンスを見せてくれます。

っというわけで、横浜・八景島シーパラダイスはかなり充実した水族館となっているのでこれからの夏休みに是非行ってみてはいかがでしょうか。
暑い夏を涼しく、癒されて過ごせますよ。

7月27日には「ふれあいラグーン」というイルカと直接ふれ合える施設も登場するそうなので要注目です!

横浜・八景島シーパラダイスのホームページ

横浜・八景島シーパラダイス「ふれあいラグーン」のページ

2007年07月06日

本牧ふ頭にそびえ立つ白い塔「横浜港シンボルタワー」 3

みなさんは横浜の本牧ふ頭にある「横浜港シンボルタワー」という建物をご存知ですか?
私は長いこと横浜に住んでいるのですが、今までこんな建造物があったはまったく知りませんでした。

先日、ガイドブックを見ていてたまたま見つけて気になっていたのでこれは行くっきゃないと思い早速行ってきました。

横浜本牧埠頭のシンボルタワー

こちらがシンボルタワーです。
海岸沿いに建っていて、この塔からは横浜港を行き来する船が安全に運行できるよう情報を送っているとのことです。
昭和61年にできたそうです。

横浜本牧埠頭のシンボルタワー周辺

このシンボルタワーの周りは芝生の公園になっていてこんな感じに海を見ながらのんびり過ごしたりできます。
当日も裸でベンチに寝っころがってる人や家族で走り回って遊んでる人がいてほのぼのした雰囲気でした。

そしてこのシンボルタワーは展望台にもなっていて中に入って上ることができます。
(ちなみに無料です。)

横浜本牧埠頭のシンボルタワー内部

しかし、エレベーターなどはなく、およそ42メートルの高さまでひたすら階段を上ることになります。
これが結構大変で頂上に着くころには行きも絶え絶えです。
久々にこんなに長い階段上がりました。。。はぁ、はぁ。

横浜本牧埠頭のシンボルタワーからの眺め

展望台からの眺めはこんな感じです。
42メートルとはいえなかなかの景観です。
ちなみに反対側にはベイブリッジが見えます。

無人で素朴な展望台なので訪れる人も少ないのでかなりの穴場スポットです。

ここ最近は微妙な天気が続いていますが、天気のいい日にぶらっと行ってみるのもいいもんですよ。
駐車場もあるのでドライブがてらに行ってみるのもいいかもしれません。

≪ご利用案内≫
入場料:無料
開場時間
 3/1〜7/20:9:30 〜 17:30
 7/21〜8/31:9:30 〜 20:00
 9/1〜10/31:9:30 〜 17:30
 11/1〜2/末日: 9:30 〜 16:00
休業日:5月,9月,1月の第2火曜日(国民の祝日の場合はその翌日)
駐車場料金(一日一台につき)
 普通車
  3時間以内:250円
  5時間以内:350円
  5時間以上:500円
 自動二輪車
  1回:70円
 大型車
  1回:500円

横浜港シンボルタワーの場所はこちら(横浜市中区本牧ふ頭D突堤)

横浜港シンボルタワーのホームページはこちら

2007年07月03日

葉山の隠れ家レストラン「葉山庵」 5

今回はちょっと横浜を離れ、葉山にある隠れ家的なレストランをご紹介します。

お店は「葉山庵」という名前で、葉山の御用邸近くの住宅街にあります。

葉山庵の入り口

ここがお店の入り口です。
隠れ家的なレストランというか本当に隠れちゃってます。笑
普通に通りがかっただけではそのまま素通りしちゃいそうな入り口にびっくり。
ここまで隠れちゃってるとお店の場所を調べて行ってもわからなそうな気がします。。。

葉山庵の店内

こちらが店内の様子です。
もともとここの建物は昭和初期に立てられた普通の一軒家で、内装を洋風に改築した作りになっているそうです。
なんともノスタルジックな感じが素敵です。
(隠れ家的と言っても有名なお店なので店内は写真の通り満席です。)

葉山庵のお庭

ここのお店ではお庭で結婚式をすることもできます。
当日も別室で結婚パーティーが開かれていました。
レストランウエディングってやつですね。

葉山庵の葉山牛

今回は3,600円のランチコースをいただきました。
ここ、葉山庵のお料理は三浦の新鮮な素材を生かしたナチュラルフレンチです。
コースの内容は前菜2品、スープ、メイン(お魚 or お肉)、デザートで、写真はコース料金プラス2,000円でメイン料理として選べる葉山牛のステーキです。

葉山にきたんだからやっぱり葉山牛!ってことで頼んじゃいました。
柔らかい良質のお肉は最高でした。

地物尽くしのおいしい料理を満喫できるここ、葉山庵はおすすめのレストランです!

■お店データ
所在地:神奈川県三浦郡葉山町下山口1417
TEL:046-876-2882
客席数:62席
定休日:毎週水曜日
駐車場:あり(15台)
アクセス:JR逗子駅よりバスロータリー2番より乗車「葉山バス亭」下車徒歩3分

葉山庵のホームページ



スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives