2006年12月
2006年12月31日

1年に3日のみなとみらい全灯風景 5


1週間ほど前のイベントですが、横浜みなとみらいの全灯風景をご紹介。

12月23日〜25日まで横浜ランドマークタワー、クィーンズスクエアなど、周辺のビルが全館点灯されました。(ホテルの客室は除く)

23日に行ったのですが、クリスマスイブ前の土曜日ということもあり、周辺道路はお昼過ぎから大渋滞、歩道も人で溢れかえっていました。
警察も出動するほどでしたからかなり人だったことがわかると思います。

当初、横浜ワールドポーターズの駐車場に入れようと思い、入庫待ちの列に並んでたのですが、途中警備員に出庫に関するビラを渡され読んでみると、なんと出庫に最大5時間かかることもあると書かれており、そりゃたまらんとみなとみらい周辺の駐車場は諦めました。
5時間待たされるのはちょっとありえない。。。

まあ、なんとか少し離れた駐車場に止め、山下公園から歩いてみなとみらいまでたどり着きました。

全灯イベント目当ての本格的なカメラマンが大勢いる中、コンパクトデジカメで奮闘していた私の肩身がちょっと狭かったです(笑)

みなとみらいの全灯風景
なんとかコンパクトデジカメでがんばって撮影できました。
やっぱりみなとみらいって素敵だな。

横浜みなとみらい21のホームページ

2006年12月29日

ラゾーナ川崎の堂島ロールは美味です。 4

今回は横浜ではなくそのお隣、川崎ネタです。

最近オープンしたショッピングモール「ラゾーナ川崎」にある「Mon chouchou with TRAVEL CAFE」というお店へ行ってきました。
このお店は大阪にある「Mon chouchou」というお店と、「TRAVEL CAFE」がコラボしてるわけですが、この「Mon chouchou」は関東初出店とのことです。
(ちなみに"Mon chouchou"は"モン シュシュ"と読みます。)

Mon chouchou with TRAVEL CAFE

目的はこのお店で購入できる堂島ロールというロールケーキです。
雑誌の記事で一目見てこれはおいしそうだと思ったので早速行ってみた次第です。

購入するには事前に1日に何回か配られる整理券が必要になります。
私の場合、14時半に整理券を受け取り、16時以降の受け渡しでした。
整理券をもらうのに気合を入れて20分ほど店頭で並びましたが、1回に配られる整理券が結構たくさんあるようで、並ばなくても余裕でもらえったっぽかったです…。

堂島ロール
そしてGETしたのがコレ。
生地はモッチリしていてクリームいっぱいです。
これだけクリームがあるとちょっとしつこいんじゃ、、、っと思いそうですがたべてみると甘すぎないクリームで全然平気です。
こだわりの北海道生クリームをブレンドしているそうで、クリーム自体にしっかり味がついてます。

堂島ロールのアップ
思わずアップで撮影。
これが¥1,050で買えるなんてとっても良心的です。

今までにない食感でとってもおいしいですよ。

ラゾーナ川崎のホームページ

Mon chouchouのホームページ

2006年12月28日

まぐろ問屋 三浦三崎港はやっぱりうまい 5

またまた、行ってきました横浜ワールドポーターズ1Fにある回転寿司「まぐろ問屋 三浦三崎港」

やっぱりここの回転寿司は何回行ってもおいしいです。
今回は19時という夕食時真っ只中に乗り込んだのでとんでもない行列ができていました。
三浦三崎港の行列
これ1列じゃなくて入り口で折り返して店内にも同じ長さの行列ができてますから…。

そして待つことおよそ40分。
ようやく席につけました。
営業時間が夜21時までなので並んでる間に最後尾には終了の立て札が置かれていました。

まぐろ5点盛り
ここに来たら必ずオーダーする一品がこのまぐろ5点盛りです。
三崎で水揚げされた新鮮なまぐろを堪能できます。
(たしかこの一皿で800円ちょっとだったかな。)

ここの回転寿司は他のネタも新鮮でとってもおいしいので何度も訪れてます。
前回来た時にポイントカードがすべて貯まったので1000円引きでお食事できました。
(ラッキー!)

横浜ワールドポーターズのホームページ

株式会社三崎恵水産



2006年12月26日

横浜ベイクォーターのアートな感じ 3

25日に終了してしまったイベントですが、横浜ベイクォーターのイルミネーションです。

横浜の新スポットとなるとイルミネーションも他とはちょっと違ってます。
壁面に光を投影するデジタル掛け軸(D-K)というものです。

また、この投影される光が凝っていて、100万枚のデジタル画像がランダムに組み合わ
され、少しずつ変化していくのです。

その映像は2度と同じものは見られないのだとか。

なんともアーティスティック!

横浜ベイクォーターのデジタル掛け軸

横浜ベイクォーターのホームページ

横浜赤レンガ倉庫の幻想的なスケートリンク 4

横浜赤レンガ倉庫で行われてる冬のイベント「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」へ行ってきました。

光のアート(芸術)とアイススケートのコラボレーションということで、ライトアップされた赤レンガ倉庫と青い光に輝くスケートリンクが幻想的な雰囲気を作り出してます。

こんな雰囲気の中滑れたら気持ちいいだろうなーっということでやってみました。
入場料500円、貸し靴500円の計1,000円
とっても気軽に参加できる感じで、スケート初挑戦の私もあまり周りを気にせず満喫できました。(もちろんうまく滑ることはできませんでしたが。。。)

平日は昼13時から、土・日・祝は午前11時から営業してますが、やっぱりライトアップされたスケートリンクで滑るのがおすすめです。
スケート靴はブレードの横が光る特殊なものも用意されてます。

最近フィギアスケートも流行ってることだし、たまにはスケートなんてどうでしょう?

横浜赤レンガ倉庫のスケートリンク

イベント期間/2006年12月8日(金)〜2007年2月14日(水)
時間/平日 13:00〜22:00 土・日・祝 11:00〜22:00
    1月2、3日は11:00〜22:00
入場料/大人500円、小人400円、幼児300円 (貸靴料500円、付添観覧料200円)

横浜赤レンガ倉庫ホームページ


2006年12月22日

謝甜記(シャテンキ)@横浜中華街 4

横浜中華街でお粥といえば謝甜記(シャテンキ)です。

っということで弐号店へ行ってきました。
この謝甜記(シャテンキ)は壱号店、弐号店がありそれぞれ夫婦で経営してるそうです。
ちなみに弐号店は奥様が経営してます。

ここのお粥はただお米を煮ただけではなく、干し貝柱や乾燥カキ、鶏を米と一緒に4〜5時間かけてダシをとったお粥とのことです。

どおりでおいしいわけです。
普通のお粥ではなかなかこの味は出せませんからね。

おいしいだけあっていつも行列ができる人気店です。
今回はそれを見越して14時ぐらいに行きましたがそれでも2組ほど待ち状態となっておりました。

謝甜記(シャテンキ)看板

五目肉粥を注文。
並んでいるあいだにオーダーをとるためか席について数分で出てきました。

謝甜記(シャテンキ)のお粥
一見具が入ってないかのように見えますが、ちゃんと奥の方に入ってます。
通常サイズだとドーンっとどんぶりに入ってくるので結構な量ががあります。
少食の方にはハーフサイズがよいかと。
(ちなみに奥にあるのがハーフサイズ)

それにしてもこの時期はやっぱり温かい食事に限りますね。
芯まで温まりました。

是非みなさんもどうぞ。

横浜中華街のお店検索

2006年12月20日

お疲れ様氷川丸

横浜マリンタワーと同じく今月25日で営業を終了する氷川丸にも行ってきました。

こちらも幼少の頃に行ったっきりで氷川丸内部についてはほとんど覚えがありません。
本日のワールドビジネスサテライト(23時からのテレビ東京のニュース番組)で、たまたま横浜の観光について特集が組まれていましたが、最近はみなとみらい、中華街といった所に観光客が集中し、山下公園、関内近辺の観光客は減少してるとのこと。
確かに、最近山下公園まであまり足を運ばなくなったな〜。

行ってみると近代的なみなとみらいとは対照的に、趣がありとっても落ち着く雰囲気なんですよね。

そんなことを思いつつ、氷川丸船内へ足を運びました。
それにしても氷川丸の船内に入るのは何年ぶりだろう。
世界の船の模型が展示してある部屋に氷川丸の歴史を説明する部屋、実際に使用されていた操舵室、客室など意外にも見所いっぱいです。
また、戦争中に病院船として活躍していたころの手記なども展示されており、実際に人を乗せて動いていたんだなーっと感動です。

氷川丸からの夜景
デッキに出るとみなとみらいの夜景を一望できます。

氷川丸外観
クリスマスシーズンということで外観も綺麗にデコレーションされています。

25日の最終日には営業の最後に感謝の汽笛を3回鳴らして幕を閉じるそうです。
なんとも切ない演出に涙。。。

氷川丸からのマリンタワー
25日にお別れの氷川丸と横浜マリンタワーのコレボレーション。

営業終了後の氷川丸は日本郵船に引き取られ今後の方針を検討していくそうです。
横浜マリンタワーは横浜市が譲られ2009年の開港150周年記念日にリニューアルオープンする予定とのことです。

横浜の伝統的なシンボルをよりよいかたちで残していって欲しいものです。

氷川丸のホームページ


2006年12月17日

お疲れ様横浜マリンタワー

以前の記事にも掲載しましたが、横浜マリンタワーと山下公園に係留されている氷川丸が今月25日で営業が終了されます。
これは終了前に行っておかなくてはっ!っということで行ってきました。

子供の頃に行ったことしかなく、ほとんど記憶にないので意外に新鮮な気分でした。

横浜マリンタワーの垂れ幕

横浜マリンタワー入り口には現在開催中の「45年間ありがとうキャンペーン」の垂れ幕がかかっていました。
入場料は半額(大人¥350)、お土産屋さんでは30%OFFセールが行われています。

入場チケットを買った後は階段でエレベーターのある階まで行きそこからエレベーターへ乗るのですが、若干行列ができており20分ぐらい並びました。

横浜マリンタワーからの眺め

最上階からの眺めは山下公園からみなとみらいまでを一望できてなかなかのものです。

営業を終了したマリンタワーは横浜市に譲渡され今後同タワーの改装工事を行っていくそうです。
またこの景観を見られることを楽しみにしています。

45年間お疲れ様でした!

横浜マリンタワー

横浜マリンタワーのホームページ


2006年12月16日

【御礼】横浜観光コンベンション・ビューロー様特選!ブログに掲載されました。 5

横浜観光コンベンション・ビューロー様サイト内の特選!横浜ブログのコーナーに掲載していただくことになりました。

横浜観光コンベンション・ビューロー様、ありがとうございます。

私が住んでる横浜を色んな方に知ってもらいたい、紹介したいという気持ちでマイペースに始めたブログですが、こうやって他のサイト様に紹介されるのはほんと嬉しいものです。

紹介コメントにもあるように、軽やかなフットワークで色々な横浜ネタを紹介していきます!
まだまだ未熟なブログですが、今後もがんばっていきたいと思います。

横浜観光情報サイト
横浜観光コンベンション・ビューロー様ホームページ


2006年12月15日

とろけるブリオッシュ@横浜ベイクォーター(ベーカリーカフェ ヴィクトワール) 5

横浜ベイクォーターの3Fにある「ヴィクトワール」というベーカリーカフェに行ってきました。

ここのベーカリーカフェは、複数のコンテスト優勝した南ヨーロッパで活躍するブーランジェ・パティシエの受賞作を食べることができるのです。
そんじょそこらのパンとは格が違います!

で、今回の目的は南仏ブーランジェコンテストで優勝したとろけるブリオッシュと言われている一品です。
横浜ウォーカーにも掲載されかなり人気を集めてるそうです。

横浜ベイクォーターのとろけるブリオッシュ(看板)

そんな人気のブリオッシュですが、1回に焼けるのが45個までで購入するには行列に並ぶのが当たり前なんだとか。
焼ける回数は1日5回で2時間おき。
1回目が何時に焼けるのか分らず、11時半ぐらいに到着。
とりあえずお店の前に行ってみると焼き上がり時間の看板が出ており1回目は13時半とのこと。
微妙に時間が空いてしまった…。

暇なので横浜そごうや横浜ベイクォーター内のお店を覗いてはみるものの、いったいいつ頃から並び始めるものなのか分らず落ち着かない。
っと言うのも、45個のうち1人購入できる数は3つまでとなっていて、お店の外には既に行列用の椅子15脚が並べられているのです。(15×3=45個)
要は13時半の時点でこの椅子に座っていた人が購入できるということなのです。

そんなこんなで13時過ぎぐらいに数名既に座っている人がいたので、それを見て着席!
13時10分ぐらにはすべての椅子が埋まっていました。
このタイミングを逃すとアウトです。

13時半前に購入数を聞いてくるので、その分の御代を先に支払います。
そして13時半になると配布開始です。
バターの匂いと共に、店内の入り口で配給かのごとく焼きたてのブリオッシュを手渡されます。

横浜ベイクォーターのとろけるブリオッシュ

こういうのはやっぱり出来たてを食べたい。
早速店内のカフェでいただいちゃいました。

横浜ベイクォーターのとろけるブリオッシュ(中身のアップ)

かぶりついてみると、なんとも柔らかくて初めての食感。
すごく軽い口当たりなのに、バターの味がしっかりついていてこれはおいしい!
こんなのあるんだーっと驚きでした。
寒さに耐えて並んだ甲斐がありました。
ちなみに1個180円

これは他のパンも気になる。
っということで翌日の朝食用にいくつか色々なパンを買って帰りました。

翌朝食べて特別おいしかったのはカレーパン。
なんかカレーがすごくおいしい。
なんとなく違うとかじゃなくあきらかにおいしいです。
おすすめです!

ここのパン屋、しばらくは要注目です。

横浜ベイクォーターのホームページ

ヴィクトワールのホームページ

スポンサード リンク


livedoor プロフィール
トリップアドバイザーのお勧め ブロガーに紹介されました!
横浜
横浜の旅行口コミ情報
カテゴリー
横浜市エリアガイド本
Archives